ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > フックの線径をコイル部分より太くして強度を高めた両絞りの引っ張りバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

7月の記事

フックの線径をコイル部分より太くして強度を高めた両絞りの引っ張りバネ

材質:SWP-B(SWRS)
コイル線径:3.2mm
フック線径:4.5mm

・フックとコイルで異なる線径を利用
・条件に応じて最適なフックの固定方法を提案

フックの線径をコイル部分より太くして強度を高めた両絞りの引っ張りバネ

こちらの逸品はコイルの線径が3.2mmに対して、フックの線径が4.5mmと、強度を高めるためにフック部分とコイル部分で別々の線径を用いた両絞りの引っ張りバネです。コイリングで途中までコイル部分を巻いた後、フック部分を挿入して、その後手加工で絞って製作します。

条件に応じた最適なフックの固定方法を提案

フックの線径をコイル部分より太くして強度を高めた両絞りの引っ張りバネ

コイル径が十分にあるときはフック部分の先端を巻くことで固定ができ、強度やコストの面でも問題ないですが、コイル径が十分にないときは先端を巻けるほどのスペースがないので、先端をつぶして平面にする、ボルトで固定するなどの方法をとります。

先端をつぶすだけであれば費用は抑えて製作できますが、強度は先端を巻いたときに比べると劣ってしまいます。また、ボルトで固定するとなると別途ボルトを製作し、組み合わせ部分を考慮する必要があるため、強度は増すものの費用は高くつきます。

総合的に考えると、コイル径を十分にとり先端を巻く方法が一番理想的ですが、必要とされる形状や耐久性、コストに応じて最適な方法を提案させていただきますのでぜひご相談ください。

岩津発条では用途や条件に応じて柔軟に加工方法を考案し、提案が可能です。ぜひ一度お問い合わせください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール