バネの片側の先端が絞りフックの引っ張りバネです。
小ロットでのご依頼は手作業での製作となりますが、岩津独自の治具「環立て」を使用する事で、高品質且つ短納期を可能にしました。

線径の細い、絞りフックの引っ張りバネ

線径の細い、絞りフックの引っ張りバネ

環立ては爪でコイルを抑え、反対側の角でコイルの間を割り、ハサミを握るとコイル部が起きて板で抑えることで
絞りフックを作ります。
角にうまくはめられるかが職人の腕の見せどころ。ひとたび角にはめてしまえば、簡単にフック部ができるため、
製作スピードが格段に上がります。
また、線径が細いほど角にはめることが難しいため、線径に合わせて角を削る必要があります。

線径の細い、絞りフックの引っ張りバネ

余談ですが、「環立て」を使って行う加工は昔ながら加工方法なのですが、今では自動機を使っての加工が主流となり、このような治具をつくれる/使えるバネメーカーが少なくなっています。昔ながらの技術が衰退していくのは、残念なことです。