ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 両端をリング状とフック状に加工した引張バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

10月の記事

両端をリング状とフック状に加工した引張バネ

材質:SWP-B(SWRS)
線径:1.0mm
バネ外径:10.9mm
リング部外径:50mm

両端をリング状とフック状に加工した引張バネ

引張バネの両端を左右それぞれ異なる形状(リング状とフック状)に加工しております。
D/dの大きなリングの形状をつくるために線材を全て巻かずに特定の長さの直線部分を余らせるという加工と、フックの形状をつくるために一度巻いた線材を特定の長さまで引っ張り戻す、という加工がポイントの逸品です。

両端をリング状とフック状に加工した引張バネ

この大きなリング部分ですがD/dが非常に大きいために職人による手加工が必要であり、かつ前述のとおり線材を全て巻かずに特定の長さの直線部分を余らせる必要があります。

両端をリング状とフック状に加工した引張バネ

リング部の反対側のフック状になっている部分は、一度はバネとして巻いた線材を引っ張り戻して加工しております。
なぜわざわざそのようなことをするかと言いますと、リングと同じく材料を余らせてから曲げても良いのですが、設計上「フックの径とバネの外径のサイズを揃える」ということが要求されていましたので、一度バネとして巻いた円形をそのままフックの半円として利用することで曲げの調整にかかる加工時間(コスト)を削減できることが分かりました。
そのため、一度はバネとして巻いた部分を引っ張り戻すという手段が有効になります。

引っ張り戻す加工については、ある特定の角度と強さで引っ張ることにより、たとえ一度バネとして巻いた線材でもまっすぐ垂直に引き伸ばすことが可能です。まさに職人技です。
もちろん、引き伸ばした直線部分は残留応力が発生するため、熱処理を行い応力を逃がしております。

岩津発条では難加工を実現するだけでなく、効率化(コストダウン)をも可能にする職人技を駆使し、お客様の製品づくりに貢献してまいります。ご相談ください。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール