トーションバネ(ねじりコイルばね)

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > トーションバネ(ねじりコイルばね)

機械ではできないトーションバネの難加工こそお任せ下さい

岩津発条は熟練職人が揃い、規格外の特殊なバネや、機械での加工ができないトーションバネ(ねじりコイルばね)の手加工を得意としています。

「φ10の太いバネを製作してほしい」
「加工が難しいため他のバネメーカーで断られた」
「コイル外径が非常に大きいねじりコイルばねを製作してほしい」

といった難加工のトーションバネこそ、私達にお任せ下さい。こちらでは、これまで製作・加工を行ったトーションバネの一部をご紹介します。また、当サイトに掲載されていない特徴をもつねじりコイルばねであっても一度ご相談ください。

その他トーションバネの製作事例一覧

トーションバネでよくいただくご相談

「特殊形状のバネをつくりたい」「省スペースでトルクを得たい」「直線部の長いものが欲しい」…など日々様々な声が寄せられますが、その中でも特にご相談の多いトーションバネのお問い合わせ内容をご紹介いたします。

Case1. 特殊形状のバネをつくりたい

自動機で実現できない形状でも、
職人技と専用治具により実現可能です!

D/dが大きく両端の形状が特殊なトーションバネ

お客様からいただいたご相談

コイル部分は一般的なD/dの範囲(≒4~22)を越えており、また両端のフック部分も特殊な形状をしているため自動機では実現できずに困っております。

岩津発条の対応

熟練の職人による手加工と専用治具により実現します。さらに加工工程を少なくすることでコストダウンにつながるため、単に加工ができることをゴールにするのではなく、その中で出来るだけ安く加工できることを念頭において加工を行います。

Case2. 省スペースでトルクを得たい

異形線を採用することで、
限られたスペースでトルクを稼ぐことが可能です。

異形線のトーションバネ(蝶番用)

お客様からいただいたご相談

限られたスペースで、応力限界を超えずに、最大のトルク・最大の荷重を得たい。

岩津発条の対応

異形線(材料断面矩形)を採用しました。NCトーションフォーミング機で製作可能ですが、線材を送る際に材料がねじれないように、専用のワイヤーガイドの製作が必要になります。そのため、敬遠するメーカーもありますが、岩津発条では、これを内製し、メカ式のトーションフォーミング機での成形を可能にしました。材料のねじれ(傾き)は一切ございません。

Case3. 先端フック部の絡みをなくしてほしい。

コストダウンと精度を両立させるため、
オリジナルの治具を使って全自動で行いました。

先端フック部を密着したトーションバネ

お客様からいただいたご相談

照明器具の装飾品用の金具だが、先端フック部が絡まってしまうため、取り付け時に手間になるので絡みをなくしてほしい。

岩津発条の対応

先端フック部を密着にするため、3工程の曲げ加工を採用しました。

1.機械の限界最小内Rで曲げた後、
2.芯金を抜き、
3.再度U字型部を押し曲げています。

それらの工程を全て、オリジナルの治具を使って全自動で行いました。最新のNC機でも困難な加工でしたが、弊社の優れた技術者によって、完成させることができました。

Case4. 設計面から仕様を相談したい

製造側の視点で、
設計に対してアドバイスが可能です!

重荷重のトーションバネ

お客様からいただいたご相談

回転焼き機の蓋を閉めるときもゆっくり閉まるようにするには、どうすればいいのか?

岩津発条の対応

使用時にかかる重荷重への耐久性が求められましたが、図面の設計には、開閉側にしかバネの設置がありませんでした。
そのままでは不安があったので、受け側にもバネを設置しました。設計の変更で、荷重への耐久性が強まり、寿命を伸ばすことが出来ました。

Case5. 量産を見越した加工を行ってほしい

通常の自動機で出来ない加工を、
いかに少ない工程で成形するかが勝負です。

腕の短いトーションバネ

お客様からいただいたご相談

腕の長さ4mm、線径Φ1.0のトーションバネを100,000個/ロット作ってほしい。

岩津発条の対応

これほど腕の短いトーションバネを自動機でつくるのは、大変困難なことですが、量を考えると、自動機で作らざるを得ないご要望でした。
そこで、曲げツールの位置・タイミングを微調整することで、加工を可能にしました。
金型のセット・調整が少しでもずれると、公差を超えてしまい、後から微調整することは不可能です。
少し長めに作ってもよかったのですが、加工工程を減らすために、金型のセット・調整を工夫することで、一発成形できるようにしました。

岩津発条が得意とする難加工

自動車部品の他、精密機器の心臓部によく使用されるのがトーションバネ(ねじりコイルばね)です。弊社では機械ではできない難加工も熟練職人が手加工で対応していますので、 特殊な材質、サイズ、表面加工などのご要望をぜひお聞かせ下さい。

  • バネの形状が特殊
  • 材料が異形断面(異形線バネ)
  • 疲労しにくい
  • 線径Φ0.2~13.0
  • 耐熱性や耐食性が求められるような特殊材料を用いたもの
岩津発条が得意とする難加工

その他、各種特殊バネ製作をお引き受けいたします。

その他圧縮バネの製作事例一覧

岩津では、上記のねじりコイルばね以外にも数多くの事例をご紹介しております。

バネ実績紹介

種類別バネの製作事例一覧
用途別バネの製作事例一覧
要望別バネの製作事例一覧

Navigation

トーションバネ(ねじりコイルばね)は、設計のアドバイスや試作から承ります

特殊・精密なトーションバネ(ねじりコイルばね)の製作や難加工は、私達にお任せ下さい。治具・金型内製率99%だからできる、フレキシブルな対応で、皆様の「ほしいトーションバネ」を1個から製作いたします。
また、最適な製品ができるよう設計など技術面のアドバイスや、製作後のアフターフォローも行っています。

バネの設計でお困りの方

バネの設計でお困りの方

図面や設計についてのご相談に、お応えします。

バネの製造・加工でお困りの方

バネの製造・加工でお困りの方

難加工や特殊バネの製作・試作についてのご相談にお応えします。

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール