ばね事例
検索
ダブルトーションばね(ダブルキック)

ダブルトーションばね(ダブルキック)

熟練の技術でダブルトーションばねの難加工に挑みます。

「φ10の太いばねを製作してほしい」「加工が難しいため他のばねメーカーで断られた」そんな難加工のダブルトーションばね(ダブルキック)の製作、お任せください。岩津発条製作所は熟練の職人が揃い、規格外の特殊なばねや、機械での加工ができないダブルトーションばねの手加工を得意としています。

さらに表示する

ばね屋に相談!ダブルトーションばねの、これできる?

「径の大きなばねが欲しい」「腕の長いものが欲しい」…
様々な声が寄せられますが、その中でも特にご相談の多いダブルトーションばね(ダブルキック)のお問い合わせ内容をご紹介いたします。

省スペースに対応してほしい

岩津発条製作所なら…

自動機で対応できない場合は、専用治具にて対応いたします!

省スペースに対応してほしい

実際にお客様からいただいたご相談

取付スペースの都合上、センターフックをコイルの内側に収めてほしい。

私たちからのご提案

通常、ダブルトーションばねを製作する場合、芯金の外にセンターフックを引っ掛けてコイル部を製作するため、センターフック部はコイル外径をはみ出してしまいます。そこで、弊社では芯金の一部を削り、外径からはみ出さないように巻きました。また、これだけ線径が太く(φ5)、巻き数も多いダブルトーションばねですが、コイルが一直線になるように巻いています。通常、これだけ太い線径を自動機で巻くことはできないため、このダブルトーションばねをつくるには、コイル→センターフック→コイルという順で巻かなければなりません。そうすると、左右のコイルがずれてしまうため、弊社ではオリジナルの自動機・治具を作り、一直線に巻くことを可能にしました。

左右の巻き数を変えてほしい

岩津発条製作所なら…

2動力・2軸の自動機械で対応可能です!

左右の巻き数を変えてほしい

実際にお客様からいただいたご相談

左右の巻数の違うダブルトーションばねを、量産してほしい。

私たちからのご提案

通常ダブルトーションばねは1動力・1軸で加工しますが、弊社設計製作のダブルトーション専用製作機(量産用)は、1動力・2軸で加工できます。しかし、これでも左右の巻数は同じになります。 そのため、さらに2動力・2軸の機械を設計製作し、回転数を変え、左右で異なる巻数のダブルトーションばねの量産を行いました。

コイル同士の干渉を防ぎたい

岩津発条製作所なら…

懸念点もありますが、加工前に“熱処理”を行えば解決する場合があります。

コイル同士の干渉を防ぎたい

実際にお客様からいただいたご相談

左右ともピッチの空いた特殊なサイズのダブルトーションばねを製作してほしい。

私たちからのご提案

ダブルトーションばねは、ピッチを開けずに密着させて巻くのが通常ですが、ご要望通り、ピッチを開けて巻きました。しかも、左右どちらも、等間隔のピッチで巻いています。

ばね材には右巻き/左巻きの「クセ」があり、ダブルトーションばねは左右逆方向に巻くため、片方はくっつきたがり、もう片方は離れたがる、という性質があります。その性質を弱めるために、お客様との協議の上、加工前に“熱処理”を施工しました。熱処理を行うと、材料が硬くなり、加工性が悪くなったり、強度も少し低くなります。しかし、職人の手により、確実にお客様のご要望に叶うばねに仕上げました。強度は、仕上げのテンパーで応力を抜き、粘り強さを高めました。

私たちが得意とするダブルトーションばねの難加工

私たちが得意とするダブルトーションばねの難加工

ダブルトーションばね(ダブルキック)の省スペースへの対応や、2つの異なる応力への対応など、岩津発条では設計の提案・アドバイスから、手加工による対応までいたします。

  • 線径φ0.2~13.0(設計次第でφ0.2以下、φ13.0以上もお引き受け可能です。ご相談下さい。)
  • 左右のコイル間が遠い
  • 疲労しにくい
  • 耐熱・耐食性が高い
  • ピッチ巻きの場合、左右の材料グセを揃える巻き取り方法

ダブルトーションばね(ダブルキック)の設計相談や試作から承ります

特殊・精密なダブルトーションばね(ダブルキック)の製作や難加工は、私達にお任せ下さい。治具・金型内製率99%だからできる、フレキシブルな対応で、皆様の「ほしいダブルトーションばね」を1個から製作いたします。また、最適な製品ができるよう設計など技術面のアドバイスや、製作後のアフターフォローも行っています。