ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > フックにコイル線径の2倍の線材を使用した両絞りの引張バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

10月の記事

フックにコイル線径の2倍の線材を使用した両絞りの引張バネ

材質:SWC(SWRH)
コイル線径:1.0mm
フックの線径:2.0mm

フックにコイル線径の2倍の線材を使用した両絞りの引張バネ

こちらの逸品は、フック部分にコイル部分の2倍の線径を使用しているというのがポイントです。

フックにコイル線径の2倍の線材を使用した両絞りの引張バネ

1本の線材を用いた引張バネの場合、フック部分の引っ張られる点や、コイル部分とフック部分の境界に負荷が掛かり、折れてしまうことがあります。しかし、この逸品のように、コイルの線径1.0mmに対して、フック部分を2倍の線径を提案することで、より高い耐久性を実現することができました。

機械で先端の3巻ほど手前の部分まで巻いた後、あらかじめ成形したフック部分を挿入し、職人による手作業で両端3巻ぶんを絞るという加工を施しています。先に機械で片方が絞られた状態にして、後からフック部分を成形する方法もありますが、加工工程の削減・効率化を追求した結果、こちらの方法で加工しています。

弊社では様々な加工法を駆使した提案が可能です。お気軽にご相談くださいませ。

関連する逸品記事

巻を階段状にずらした引張りバネ

巻を階段状にずらした引張りバネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

健康機器

  • 巻部分の片端を一巻ずつ階段状にずらした特殊形状
  • 専用のガイドを作って製作

一見、普通の両絞りバネに見えるがそうではない、難加工のバネ

一見、普通の両絞りバネに見えるがそうではない、難加工のバネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

機械器具

  • コイル部分とフック部分で異なる線径を用いることで高い耐久性を実現
  • 専用治具を用いて職人による手作業にて加工

線径の細い、絞りフックの引っ張りバネ

線径の細い、絞りフックの引っ張りバネ
種類

引張バネ

材質

硬鋼線

用途

その他

  • 小ロットのため手作業での製作
  • 岩津独自の治具「環立て」で高品質・短納期を実現

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

機械器具

  • 両絞りに必要な専用の治具を独自開発
  • 手作業の加減が職人技

難加工でありながら量産を前提としたD/d≒2の細長いコイル

難加工でありながら量産を前提としたD/d≒2の細長いコイル
種類

引張バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

その他

  • D/d≒2かつ、細いため自動機での加工は不可
  • たわみの誤差がシビア
  • 熱処理で調節することで、手加工の時間を短縮し、かつ精度を高めることが可能に

フック立ち上がり部のRの曲げが大きい引張バネ

フック立ち上がり部のRの曲げが大きい引張バネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

  • 専用治具を独自開発。
  • フック立ち上がり部のRを大きく曲げて折損を回避
  • スプリングバックを考慮して加工
  • 対向角の厳しい公差をクリアするため、熱処理後の変化を想定して加工

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール