ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 片端のフックの直線部分が非常に長い引っ張りバネ

10月の記事

片端のフックの直線部分が非常に長い引っ張りバネ

逸品No:i_20201010

材質:SUS-304WPA
線径:0.5mm
直線部分:300mm

  • ・SUS-304WPAの伸直線を使用して加工コストを下げる
手術台ユニットのバネが壊れたとのことで、修理した事例

こちらバネは、ご覧の通り、フックの直線部分が非常に長くなっており、自動機での成形は不可能です。

SUS-304WPAの伸直線を使用して加工コストを下げる

現行品のアーム根本部分が破損しており、元の応力設計が不明でしたが

伸直線はその名の通り真っ直ぐな性質を持つため、長い直線部でも”反り”が無い少ないという点がメリットです。反対に、同じステンレス鋼線でも一般的なコイル材(SUS-304WPB)よりも材料費はやや割高です。

安価な一般的なコイル材を使う場合、線径に対して直線部分が長いと、どうしても癖が出てしまい、真っ直ぐにならず、また、コイル材を直線に加工するコストもかかります。

その加工コストが材料費のメリットを上回る場合は、この伸直線を利用することで、トータルコストを抑えながらも品質を安定させることが可能であり、今回もそのケースに該当しました。

岩津発条では、成形可否や精度の観点は勿論、トータルコストが最適になるような仕様をご提案いたします。設計や難加工に関するご相談はぜひお任せください!

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール