ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

8月の記事

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

非常に耐久性に優れ、強く引っ張っても破断しにくい引っ張りバネです。
こちらのバネは両端が絞りフックであるため、手作業での製作となります。
絞るためには専用の治具が必要となり、岩津発条では効率良くかつ高品質で製作できる治具を独自開発しました。こちらの治具を絞り箸と呼びます。

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

圧縮バネの先端の径を小さくし、テーパー状に仕上げますが、精度の決め手は職人が握る絞り箸の力加減

また、絞り箸の溝が線径に合わないと上手く絞りをつくれないため、溝を削り、調整する技術が必要です。
岩津発条にはもちろん削る技術があり、尚且つ大小様々な絞り箸を揃えております。

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

バネの線径が太く、硬い場合はエキセン(手動プレス)を使用します。

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

エキセンを使用する場合も絞り箸と同様に
線径に合う溝の固定具の用意
プレスする際の力加減
が精度の決め手です。

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

余談ですが、「絞り箸」を使って行う加工は昔ながら加工方法なのですが、今では自動機を使っての加工が主流となり、このような治具をつくれる/使えるバネメーカーが少なくなっています。昔ながらの技術が衰退していくのは、残念なことです。

 

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール