引張バネ(引きバネ)

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 引張バネ(引きバネ)

機械ではできない引張バネ(引きバネ)の難加工こそお任せ下さい

岩津発条は熟練職人が揃い、規格外の特殊なバネや、機械での加工ができない引張バネ(引きバネ)の手加工を得意としています。

「φ10の太いバネを製作したい」
「加工が難しいため他のバネメーカーで断られた」

といった難加工の引張バネこそ、私達にお任せ下さい。こちらでは、これまで製作・加工を行った引張バネの一部をご紹介します。

その他引張バネの製作事例一覧

引張バネ(引きバネ)でよくいただくご相談

「耐久性を上げたい」「コイルの両端の形状を工夫したい」…など日々様々な声が寄せられますが、その中でも特にご相談の多い引張バネ(引きバネ)のお問い合わせ内容をご紹介いたします。

Case1. 耐久性を上げたい

コストは上がりますが、両絞り+別フックがお勧めです!

耐久性を上げたい

お客様からいただいたご相談

短期間で疲労してしまうのを解消したい。

岩津発条の対応

疲労を引き起こす原因はいろいろありますが、この画像のバネは胴体の線径が太く強いため、一体型のフックでは破断が生じやすい構造になっています。そこで、端を両絞りにし、別フックを挿入、フック部の線径を胴体よりも太い線径(φ3.5)を使用することで、耐久性を大幅にアップさせました。

Case2. 隙間を作らずに、初張力をなくしてほしい。

設計と材料の工夫で対応可能な場合が多いです!

隙間を作らずに、初張力をなくしてほしい

お客様からいただいたご相談

各コイル間に隙間を作らずに、初張力をなくしてほしい。

岩津発条の対応

通常、初張力をなくすためには、各コイル間に隙間を作るピッチ巻を行います。今回の例では「各コイル間に隙間を作らずに」とのことでしたのでピッチ巻の代わりに、材質をピアノ線から、ほぼ初張力のつかないオイルテンパー線に変更することを提案し、初張力をなくしました。(※オイルテンパー線は鍍金すると、(他の鋼種に比べて)水素脆性が著しく発生するため、表面処理を塗装にしました。)

Case3. 破断を防ぎたい。

荷重のかかり方に応じて、応力に余裕を持たせた設計が重要です!

破断を防ぎたい

お客様からいただいたご相談

弓なりに引っ張るため偏心荷重がかかるせいか、バネ胴体部分が破断してしまった。

岩津発条の対応

今回のバネは、設計を見ると、応力限界付近で使用する引張バネであり、それが破断の一番の原因でした。 そこで、線径:φ0.45、コイル外径:φ3.1+0/-0.1を+0.1.-0と、ほんの少し外径を大きくすることで応力をクリアし、破断を防ぎました。

Case4. 省スペースで“たわみ”を得たい

有効巻数と初張力、フックの形状で調整します!

省スペースで“たわみ”を得たい

お客様からいただいたご相談

荷重ゼロ時のバネの長さは変えられないが、荷重を加えた際のたわみをもっと長くしたい。

岩津発条の対応

普通の円形のフックではお客様の希望の短さに収めることはできませんでした。そこで、半円のフックにすることで、コイル部分の長さを増やして荷重を得て、かつ希望の短さに収めることができました。また、たわみは初張力の影響も受けるため、初張力の調整も行いました。

Case5. コイルの両端の形状を工夫したい

自動機で無理なら、専用治具と職人による手加工の出番です!

コイルの両端の形状を工夫したい

お客様からいただいたご相談

よくあるようなフック部分ではなく、取付箇所に合わせた特殊形状にしたい

岩津発条の対応

自動機では不可能でしたので、手加工にて実現しました。手加工=高コストになりがちですので、極力加工工程を削り、少ないコストで加工できるような工夫をしました。その際には設計面で仕様変更すればコストダウンできるところもございますので、お気軽にご相談いただければと思います!

岩津発条が得意とする難加工

引張バネは材料ごとに異なる初張力や、コイル部分の応力も配慮した設計が求められます。岩津発条では設計の提案・アドバイスから、手加工による対応までいたします。
こちらに記載されていないような仕様・加工の場合でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 線径φ0.2~13.0 (設計次第でφ0.2以下、
    φ13.0以上もお引き受け可能です。ご相談下さい。)
  • 脱線巻き(高初張力)
  • 疲労しにくい
  • 耐熱・耐食性が高い
  • 初張力0
岩津発条が得意とする難加工

その他、各種特殊バネ製作をお引き受けいたします。

その他引張バネの製作事例一覧

岩津では、上記以外にも数多くの事例をご紹介しております。

バネ実績紹介

種類別バネの製作事例一覧
用途別バネの製作事例一覧
要望別バネの製作事例一覧

Navigation

引張バネ(引きバネ)は、設計のアドバイスや試作から承ります

特殊・精密な引張バネ(引きバネ)の製作や難加工は、私達にお任せ下さい。治具・金型内製率99%だからできる、フレキシブルな対応で、皆様の「ほしい引張バネ」を1個から製作いたします。
また、最適な製品ができるよう設計など技術面のアドバイスや、製作後のアフターフォローも行っています。

バネの設計でお困りの方

バネの設計でお困りの方

図面や設計についてのご相談に、お応えします。

バネの製造・加工でお困りの方

バネの製造・加工でお困りの方

難加工や特殊バネの製作・試作についてのご相談にお応えします。

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール