ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 厚さ0.5mmの薄い金属板をスパイラル状に巻くためのガイド用バネ

3月の記事

厚さ0.5mmの薄い金属板をスパイラル状に巻くためのガイド用バネ

逸品No:i_20210310

材質:SWP-B(SWRS、ピアノ線)
線径:3.0mm×3.0mm

  • ・線の断面形状とピッチ間隔を工夫しました
厚さ0.5mmの薄い金属板をスパイラル状に巻くためのガイド用バネ

こちらの逸品はバネとしての利用ではなく、別のもの(金属性薄板をスパイラル状に巻いたもの)作るための治具として製作しました。

【使い方】このコイルの隙間に薄板を挟むようにして沿わせ、軸を回転させて巻いていく

厚さ0.5mmの薄い金属板をスパイラル状に巻くためのガイド用バネ

まずこちらのバネの用途ですが、左図のように、回転軸(芯金)を取り付け、それからコイルの隙間に薄板を挟み込んでセットし、この隙間に沿わせるように薄板を送っていく「ガイド」のように使います。
そうすることで、コイルの形状に合わせた薄板のスパイラルが出来上がるという寸法です。

原理としてはこの通りですが、実際には超難加工です。
薄板の巻き始めの力のかかり方の調整と板を送る速度が、強すぎても弱すぎてもだめで、薄板がこのコイルに沿って正しく回転する範囲を見極めることが重要となります。

正方形の角線ではなく台形状の異形線を前提に設計

四角形断面の材料は巻き取ると“内径が膨らみ、外径は縮む”という特性があります。
したがって、その誤差を調整するために材料の断面が正方形の角線ではなく台形状の異形線を用意し、最終的に3.0mm×3.0mmの正方形の性質をもつコイルに調整されるよう、設計をしております。

厚さ0.5mmの薄い金属板をスパイラル状に巻くためのガイド用バネ

コイルの隙間間隔や線材の大きさを変えることで仕上がりを調整

厚さ0.5mmの薄い金属板をスパイラル状に巻くためのガイド用バネ

このコイルの条件を変えることで、薄板スパイラルの仕様も変えることが出来ます。
主要条件としては以下の通りです。

・コイルの隙間=板の厚さ
・線材の大きさ=ピッチ間隔
・コイル内径=スパイラルの内径

それぞれ要求事項に応じたコイルを作ることで仕上がりを調整することができます。

岩津発条では、治具を内製することで、一見できないと思われる仕様でも製作できる可能性を広げます。設計や難加工に関するご相談はぜひお任せください!

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール