ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 亜鉛メッキの表面処理を施した線材加工品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

2月の記事

亜鉛メッキの表面処理を施した線材加工品

線径:φ3.0

果樹園の木の枝などの支柱として使用される、亜鉛メッキの表面処理を施した線材加工品です。

亜鉛メッキの表面処理を施した線材加工品

特徴としては、見た目でおわかりになると思いますが、2本同時に加工しております。
2本同時ですと、輪っかの部分にあたる箇所の径を揃える事が非常に難しいです。
職人の力加減によって径が小さくなったりとしてしまうため、微妙な力加減を必要とします。

亜鉛メッキの表面処理を施した線材加工品

また、コイル部となっている箇所を鉄線に巻きつけていることも特徴としてあります。
巻きつける際には、輪っか部の径等を保持するために輪っか部を固定した上で加工する必要があります。
固定をしなければ、全体的にズレが生じてしまいます。

亜鉛メッキの表面処理を施した線材加工品

2本束ねた鉄線に鉄線2本を同時に巻きつける場合、綺麗なコイルリングの丸くではなく、
台形のような形となり巻きつけるのが非常に難しいです。
当然ながらスプリングバックも生じるため、それを加味した上での加工が必要となります。
巻きつけには微妙な力加減で調整をする必要もあるため、職人の力を発揮した逸品となりました。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール