ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 巻きピッチが非常に大きいコイル

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

11月の記事

巻きピッチが非常に大きいコイル

材質:SWP-B(SWRS)
線径:2.3mm
コイル平均径:7.4mm
D/d≒3.2mm
巻きピッチ:15.3mm

・巻きピッチが大きいことでコイル材の癖が影響する難易度の高い加工を実現

巻きピッチが非常に大きいコイル

この逸品は、当初は自動機での生産が可能と踏んでいたのですが、巻きピッチが大きすぎることから思い通りにいかず、芯金巻きで加工したものです。
一見シンプルで簡単に見えますが、実は曲者で、加工方法に工夫が必要でした。

自動機で巻くと巻きピッチが揃わない

シンプルな設計のため自動機でも加工可能かと思いきや、実際に出来上がったものを見てみると、巻きピッチが均等になっておらず、うまく加工ができませんでした。線径や材質、コイル径やその比率によって結果は様々なので、まずやってみなければうまくいくかどうかわからないという思いで常日頃作業していますが、この結果は私も予想外でした。

芯金巻きでもコイル材の癖が邪魔をしてうまく巻けない

自動機で難しかったので、次は芯金巻きで加工をしましたが、ここにも落とし穴がありました。芯金巻きをする際はコイル材というあらかじめ巻いてある材料を使用するのですが、芯金にこのコイル材を巻き付けていくうちに、コイル材の「あらかじめ巻いている」癖が影響し、線材がねじれてしまうという事態になりました。

ピッチが小さい場合はこういったことは起こりにくいのですが、今回のようにピッチが大きいと、芯金に巻く際にかける力が小さくなるため、コイル材の持つ癖の影響が大きくなったというカラクリでした。

コイル材をまっすぐに直してから加工することで解決

今回の設計で使用する材質はピアノ線ですが、この材質の直線材は材料屋さんでも用意していません。そのため、1から直線材を調達するとなると費用が高くついてしまいます。そこで、岩津発条では直線材を外から調達するのではなく、「自社で」直線材に加工してから芯金巻きをすることで問題を解決しました。

巻きピッチが非常に大きいコイル

岩津発条では1度失敗したとしても、あらゆる方法をトライして数々の加工をクリアしてきました。他社で断られたバネの製作などはお気軽にご相談ください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール