ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 手術台ユニットのバネが壊れたとのことで、修理した事例

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

9月の記事

手術台ユニットのバネが壊れたとのことで、修理した事例

材質:SUS-304WPB
線径:1.8mm

  • ・折れたアームの角度を予想
  • ・1回の試作で求めるトルクを再現
手術台ユニットのバネが壊れたとのことで、修理した事例

こちらのダブルトーションバネは、もともと手術台のユニットの部品として使われていたところ、アームが折れて破損してしまったそうです。しかし、メーカー側で部品だけの修理はできず、ユニットごと交換するしかないとのことで、1ユニットにつき数十万単位のお金がかかるとのことで、どうにかバネを修理できないかとのことでご依頼いただきました。

現行品のアーム根本部分が破損しており、元の応力設計が不明でしたが…

現行品のアーム根本部分が破損しており、元の応力設計が不明でしたが

トーションバネ(ダブルトーションバネ)の応力の設計において重要な箇所の1つが、アームの角度になります。

このアームの角度で最終的に得られるトルクが大きく変わってきますが、現行品は根元から破損しており、この角度が分からない状態でした。

現行の手術台ユニットに最も適した力加減が必要ですので、現行品がどのような形状であったかを探りながら、ちょうど良いアームの角度を試作により試行錯誤の必要があります。

結果的に、試行錯誤を繰り返すことなく、1回の試作でぴったりのトルクが得られました

結果的に、試行錯誤を繰り返すことなく、1回の試作でぴったりのトルクが得られました

よほどの無茶な設計をしていない限り、ダブルトーションバネのアームの設計はある程度このあたりに収まる、という物理的なロジックである程度は絞れますが、それでも数回は試行錯誤が覚悟していました。

運が良かった点も大いにありますが、これまで多くの設計経験によって「この手のダブルトーションバネを作るならこの形状」という、もともとのこのバネの設計者と気持ちが通じたのか(笑)、1回目の試作でアタリをひくことができました。

結果的に、総コストはかなり安くつき、ご依頼時にお客様が悩まれていた数十万円のユニット交換が数万円のバネの修理費用で済んだため、とても嬉しかったです。

岩津発条では、破損した現行品や難加工が要求される仕様でも、現実的な範囲に再度設計し、成形いたします。設計や難加工に関するご相談はぜひお任せください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール