ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > フック部の内Rが非常に小さいダブルトーションバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

1月の記事

フック部の内Rが非常に小さいダブルトーションバネ

材質:SWC(SWRH)
線径:φ0.8
外径:φ7.4

電気機械のスイッチとして使用されるフック部の内Rが非常に小さいダブルトーションバネです。

フック部の内Rが非常に小さいダブルトーションバネ

  

写真からご確認いただけるかと思いますが、内Rが非常に小さいです。まず自動機では加工できません。
バネを使用するスペースが限られていたため、バネ全体の大きさも非常に小さいものとなっております。

フック部の内Rが非常に小さいダブルトーションバネ

こちらの内Rはφ0.2です。隙間寸法が0.4mmとなります。こちらの精度を実現するには
芯金巻で内Rはφ0.6で、隙間寸法を1.2mmで曲げます。その後に独自の治具を使用して、
調整
をかけました。調整をかけるのも、治具の精度などで大きく変わるため、技術力を要します。

また、曲げる際にはスプリングバックも考慮する必要があるため、曲げている時は隙間寸法が
ほとんどない状態まで曲げています。
それ以上曲げてしまうと、線材がクロスしてひずみが起き、折れやすくなってしまいます。

材質に関してもピアノ線では材料の引っ張り強さが高く線材が折れてしまうため、
比較的材料の引張強さの低いSWC(SWRH)を使用しました。

岩津発条ではお客様の用途を十分にヒアリングした上で、それに合わせた材質の選定から
最適な曲げ加工までご提案が可能です。
また、今回は限られたスペースでの難加工でしたが、長年培った経験と知識でお客様のご要望に
沿った逸品を実現することができました。

<

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール