ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 設計を工夫してコストダウンに成功したダブルトーションバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

4月の記事

設計を工夫してコストダウンに成功したダブルトーションバネ

材質: SUS-304WPB
線径: 2.3mm
D/d ≒2.8

  • ・用途・目的に対して機能面を最適化
  • ・同時にコストも下げる設計
斜め二重丸フックの引っ張りバネ

こちらの逸品は腕の先端が内側に曲がった形状をもつダブルトーションバネです。腕の部分が長い上にコイル部分がD/d≒2.8かつ1巻分であったため、自動機ではなく専用の治具にて対応となりました。

用途・目的に対して機能面を最適化し、同時にコストも下げる設計

部品用途としては樹脂の筐体のようなものに穴をあけ、この線材の両端をはめ込むかたちとなります。
その場合に完全に平行になっているよりやや内側に曲がっている方が、線材自体のバネ性を利用してより密着に固定が可能となるため、シビアな精度管理が不要になることによる金型のコストを削るだけでなく、安定性も増すという機能的なメリットもあります。

2通りの自由長の調整方法

ただし、仕様によっては注意点も

フック部分

取り付けサイズとの関係にもよるのですが、曲げRが小さすぎたり、取付箇所となる両端の隙間が狭すぎる場合、取付時に拡げることで変形(ヘタリ)が生じる場合があり、そうなると機能面を落としてしまうため、注意が必要です。その場合は並行に近い状態に設計・加工することが望ましいといえます。ケースバイケースで最適な手段を選ぶことが重要になります。

岩津発条では、ケースバイケースに応じて機能面の向上とコストダウンの最大値を狙っていきます。設計や難加工に関するご相談はぜひお任せください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール