材質:SUS-304WPB
線径:0.4mm

  • 2通りの自由長の調整方法がある
斜め二重丸フックの引っ張りバネ

こちらの逸品は両端に二重の斜め丸フックのある引っ張りバネです。コイリングで製作し、最後に斜め丸フックの部分を立ち上げて製作しました。

2通りの自由長の調整方法

斜め丸フックの場合、引っ張りバネの自由長の調整は、「フックの角度を変える方法」と、「巻き数を変える方法」があります。寸法か荷重かどちらが譲れない条件かによって調整する方法が変わってくるため、自由長の調整が必要な場合は、お客様と優先度の擦り合わせを行って最適な方法で対応しています。フックの角度を変える方法をとる場合は、この角度の管理も重要なポイントになってきます。

2通りの自由長の調整方法

D/dの考慮も必要

今回の逸品では幸い問題ありませんでしたが、あまりにもD/dが小さすぎる場合、コイリングで巻いた際に全体が波打ったような形になってしまうことがあります。岩津発条では長年の経験でどれくらいのD/dであれば綺麗に巻けるかをノウハウとして蓄積しているため、もし条件から外れる場合は事前にご相談させていただいております。

一重フックと二重フックの違い

引っ張りバネでわりとよくある二重フックの設計ですが、一見、一重フックより二重フックの方が耐久性が高いように見えますが、実は力が加わるのは片方のフックだけで、片方のフックが破損するとそれに付随してもう片方のフックも破損してしまうため、厳密には一重フックでも二重フックでも耐久性は同じなのではないかと岩津発条では考えています。設計の際にどうしようか悩まれている方は参考にしていただけますと幸いです。

岩津発条では、斜め丸フックをはじめとしたあらゆる複雑形状の引っ張りバネを製作してきました。まずはお気軽にご相談ください!