ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 要望に合わせてフック部の形状を提案した引張バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

8月の記事

要望に合わせてフック部の形状を提案した引張バネ

材質:SWP-B(SWRS)
線径:2.0mm

・フック部の形状を要望に合わせて提案

要望に合わせてフック部の形状を提案した引張バネ

要望に合わせてフック部の形状を提案した引張バネ

こちらはフックの形状が特殊な逸品です。お客様の使用される環境をヒアリングした上でこちらの形状を提案させていただきました。今回の逸品はフック部分に取り付ける部品の形状を想定して空間を作成した設計をしています。

また、初張力を利用した加重コントロールも難しいポイントです。初張力を利用すれば比較的多い巻き数でも荷重を稼ぐことが可能ですので今回もお客様の使用スペースに応じて初張力を調整しました。しかしこの初張力はばらつきが出やすいため、熱処理の温度と時間の調整が非常に難しいです。

通常、この業界で一般的な温度である約350℃で熱処理(ブルーイング)を行うと熱処理前の初張力の3割程度になってしまいますが、こちらの逸品は200~230℃の低温で行うことで、熱処理前の7~8割の初張力を維持することができました。この熱処理のさじ加減も計算と職人の技量が試されるポイントです。

岩津発条ではお客様仕様のバネを1個~でも承っております。特殊な形状でもお任せ下さい!お問い合わせはこちら

関連する逸品記事

SUS304-WPBを使用した変則の側面丸フックの引張バネ

SUS304-WPBを使用した変則の側面丸フックの引張バネ
種類

引張バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

生活用品

  • 丸フックに直線部を含むため自動機での加工は不可
  • 岩津独自開発の治具で正確かつスピーディーな加工が実現

専用の治具で省スペースからフックを立ち上げた引っ張りバネ

専用の治具で省スペースからフックを立ち上げた引っ張りバネ
種類

引張バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

その他

  • 省スペースでフックを立ち上げることが困難

フック立ち上がり部のRの曲げが大きい引張バネ

フック立ち上がり部のRの曲げが大きい引張バネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

  • 専用治具を独自開発。
  • フック立ち上がり部のRを大きく曲げて折損を回避
  • スプリングバックを考慮して加工
  • 対向角の厳しい公差をクリアするため、熱処理後の変化を想定して加工

難加工でありながら量産を前提としたD/d≒2の細長いコイル

難加工でありながら量産を前提としたD/d≒2の細長いコイル
種類

引張バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

その他

  • D/d≒2かつ、細いため自動機での加工は不可
  • たわみの誤差がシビア
  • 熱処理で調節することで、手加工の時間を短縮し、かつ精度を高めることが可能に

1m20cmの保護スプリング

1m20cmの保護スプリング
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

電力設備

  • 1m20cmもの長さを考慮した専用の設備を用意
  • 10m以上伸ばしてもへたらない、コイル外径にばらつきもないバネを製作

異形線の引っ張りバネ

異形線の引っ張りバネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

機械器具

  • 異形線をあえて寝かせて巻き取ることで大きな初張力を得た逸品
  • 立てて巻き取るだけでも難しいところを寝かせて巻き取るのはまさに職人技

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール