ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > フック部がコイル状の引張バネ(変形フック)

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

2月の記事

フック部がコイル状の引張バネ(変形フック)

材質:SWP-B(SWRS、ピアノ線)
線径:φ0.7
外径:φ4.0
有効巻き数:27

特殊な取り付け方をする引張バネのため、両フックをそれぞれ以下のように加工しています。
・XY方向へ曲げる
・斜め方向に曲げる
・4巻き分のコイルを成形する

逸品その三. フック部がコイル状の引張バネ(変形フック)

逸品その三. フック部がコイル状の引張バネ(変形フック)

加工方法は、まず一直線のコイルを作ります。
それから弊社オリジナルの専用のフック成形ツールを使って、4巻き分残したところを開き、曲げて、フック部を作りました。
もちろん自動機は使えず、全て手作業です。

フック立ち上がり部の曲げR部にはかなりの応力が掛かるので、出来る限り強度を落とさないために、ねじれないように曲げ加工を施しました。
たわみ量が微動だったことも幸いし、設計上問題なく仕上がりました。

逸品その三. フック部がコイル状の引張バネ(変形フック)

関連する逸品記事

フックにコイル線径の2倍の線材を使用した両絞りの引張バネ

フックにコイル線径の2倍の線材を使用した両絞りの引張バネ
種類

引張バネ

材質

硬鋼線

用途

一般産業機械

  • 高い耐久性を実現するため、フック部分の線径を太くすることを提案

要望に合わせてフック部の形状を提案した引張バネ

要望に合わせてフック部の形状を提案した引張バネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

機械器具

  • フック部の形状を要望に合わせて提案

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ

耐久性が高い両絞りフックの引っ張りバネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

用途

機械器具

  • 両絞りに必要な専用の治具を独自開発
  • 手作業の加減が職人技

脱落防止用の緩衝バネ

脱落防止用の緩衝バネ
種類

引張バネ

トーションバネ

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • フック部の小さい折返しを専用の金型を用意して実現
  • 熱処理後に径が大きくなる性質を考慮し加工

薄く、且つ、編み込み型にした引張バネ

薄く、且つ、編み込み型にした引張バネ
種類

引張バネ

材質

硬鋼線

用途

一般産業機械

  • 多数の曲げ工程数があるにもかかわらず指定の薄さを実現。
  • 線材のねじれをなくす独自の曲げ加工法を開発

フック立ち上がり部のRの曲げが大きい引張バネ

フック立ち上がり部のRの曲げが大きい引張バネ
種類

引張バネ

材質

ピアノ線

  • 専用治具を独自開発。
  • フック立ち上がり部のRを大きく曲げて折損を回避
  • スプリングバックを考慮して加工
  • 対向角の厳しい公差をクリアするため、熱処理後の変化を想定して加工

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール