材質:SWB-OSC-B
線径:10mm

・油圧の代わりにトーションバネを利用してコストダウン

機械開閉部の緩衝材の代用となるトーションバネ

機械の開閉部は勢いよく閉まらないよう、緩衝材として油圧が用いられることが多いですが、数万~数十万のコストがかかってしまいます。こちらのトーションバネは数千円の費用しかかかっていないため、大幅なコスト削減が実現できました。

トーションバネを緩衝材の代用として用いる場合、「そっと閉まる」具合を再現するために、しっかりと設計する必要があります。「そっと閉まる」具合は最終的には感覚に頼らざるを得ないため、何度も試作を重ねて丁度良い具合を再現しました。

機械開閉部の緩衝材の代用となるトーションバネ

加工においては、材料が固すぎるため、直角の曲げ部分はバーナーで焼いて柔らかくしてから曲げています。トーションバネで負荷がかかる部分とは異なる箇所であるため耐久性に大きな問題はありません。また、図面にはなかったものの、端には面取りを施させていただきました。

岩津発条では、バネ以外からバネを代用することでコストダウンを実現した製品も数多く加工してきましたので、コスト面でのご提案もさせていただけるかと思います。バネを利用したコストダウンのご相談もぜひお気軽にご相談ください!