ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 機械開閉部の緩衝材の代用となるトーションバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

8月の記事

機械開閉部の緩衝材の代用となるトーションバネ

材質:SWB-OSC-B
線径:10mm

・油圧の代わりにトーションバネを利用してコストダウン

機械開閉部の緩衝材の代用となるトーションバネ

機械の開閉部は勢いよく閉まらないよう、緩衝材として油圧が用いられることが多いですが、数万~数十万のコストがかかってしまいます。こちらのトーションバネは数千円の費用しかかかっていないため、大幅なコスト削減が実現できました。

トーションバネを緩衝材の代用として用いる場合、「そっと閉まる」具合を再現するために、しっかりと設計する必要があります。「そっと閉まる」具合は最終的には感覚に頼らざるを得ないため、何度も試作を重ねて丁度良い具合を再現しました。

機械開閉部の緩衝材の代用となるトーションバネ

加工においては、材料が固すぎるため、直角の曲げ部分はバーナーで焼いて柔らかくしてから曲げています。トーションバネで負荷がかかる部分とは異なる箇所であるため耐久性に大きな問題はありません。また、図面にはなかったものの、端には面取りを施させていただきました。

岩津発条では、バネ以外からバネを代用することでコストダウンを実現した製品も数多く加工してきましたので、コスト面でのご提案もさせていただけるかと思います。バネを利用したコストダウンのご相談もぜひお気軽にご相談ください!

関連する逸品記事

直線部をコイル部に密着させたトーションバネ

直線部をコイル部に密着させたトーションバネ
種類

トーションバネ

材質

ピアノ線

用途

一般産業機械

  • 直線部がコイル部に密着
  • 自動機では精度を保てないため手加工

スプリングバックを計算し設計したトーションバネ(シャッター巻取り用バネ)

スプリングバックを計算し設計したトーションバネ(シャッター巻取り用バネ)
種類

トーションバネ

材質

硬鋼線

用途

機械器具

  • 小ロットのため芯金巻きで製作
  • D/dが大きいことからスプリングバックも大きくなることを考慮して調整、設計

異形線のトーションバネ(蝶番用)

異形線のトーションバネ(蝶番用)
種類

トーションバネ

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • 自動機での製作において、異形線のねじれを防ぐための専用装置が必要
  • 岩津発条では自社で装置を作って対応可能

省スペースで有効巻き数を多く得るトーションバネ

省スペースで有効巻き数を多く得るトーションバネ
種類

トーションバネ

材質

硬鋼線

用途

その他

  • 四角形断面の特性を加味し、断面が台形の線材を提案
  • 巻きやすくするため、バネ成形後に焼き入れの工程を入れて実現

3種類の異なるバネを加工~組み立てまで行った逸品

3種類の異なるバネを加工~組み立てまで行った逸品
種類

引張バネ

トーションバネ

線材曲げ加工品

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • トーションバネ、引張バネ、リングを組み合わせたバネ
  • 組み立て易さを熟知しているため素早い加工が可能

D/dが大きく両端の形状が特殊なトーションバネ

D/dが大きく両端の形状が特殊なトーションバネ
種類

トーションバネ

材質

ステンレス鋼線

用途

機械器具

  • 両端のRの形状が特殊なため手加工が必須
  • 直線材では内部応力が作用するためコイル材での加工
  • 両端は材料を長めに公差させて歪みをとる作業が必要

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール