ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 線径がφ3.0以上のピッチ間隔が小さいトーションバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

6月の記事

線径がφ3.0以上のピッチ間隔が小さいトーションバネ

線径:φ3.2
材質:SUS304-WPB
コイル外径:φ16

こちらは線径がφ3.0以上のピッチ間隔が小さいトーションバネになります。

線径がφ3.0以上のピッチ間隔が小さいトーションバネ

φ3.0以上で巻ける設備をもつ企業は多くはないため、他社では敬遠されがちです。
ロットが小さい場合は、見積もりも厳しい状況となります。
岩津発条では半自動機を使用することで、加工だけでなく、納期もお客様のご要望どおりに実現いたしました。
半自動機では職人がバネのピッチ間隔等を管理する必要があるため、職人の技量によって精度は大きく左右されます。
岩津発条はバネを熟知し、数多くの難加工を実現してきた職人をもつからこそ実現しました。

線径がφ3.0以上のピッチ間隔が小さいトーションバネ

バネの特徴としてもう1点挙げられるのは、このピッチ間隔の小ささです。

線径がφ3.0以上のピッチ間隔が小さいトーションバネ

0.1mmで間隔がくるってしまうと、大きくずれてしまうためピッチ間隔の管理は非常に難しい作業となります。
また、ステンレスは熱処理後に径が大きくなる性質をもつため、その性質も考慮した上で、アームの位置やピッチ間隔を実現しなければなりません。
冒頭でも述べましたが、職人がいなければ実現できない逸品です。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール