ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > コイル外径(D/d)の大きいトーションバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

7月の記事

コイル外径(D/d)の大きいトーションバネ

材質:SUS304-WPB
線径:φ0.3
コイル外径(D/d):φ12.4
巻数:15

線径が細く、巻数の多いトーションバネです。
このバネの加工において、一番の難点は、コイル外径(D/d)が大きいことです。(D/d=40.3)

逸品その三. コイル外径(D/d)の大きいトーションバネ

コイル外径(D/d)が大きいと、スプリングバックも非常に大きくなり、それによって下記の困難が生じます。

(1)コイル外径にばらつきが生じる。(径が大きくなろうとする力がはたらく)

逸品その三. コイル外径(D/d)の大きいトーションバネ

(2)曲げ部位置(角度)にばらつきが生じる。 (外径がばらつくと、曲げ部位置も安定しない)

逸品その三. コイル外径(D/d)の大きいトーションバネ

(3)コイルが密着になりづらい。(広がろうとする力がはたらく)

逸品その三. コイル外径(D/d)の大きいトーションバネ

本来は、トーションフォーミング自動機で加工するようなバネですが、上記により不可能となり、手巻きで製作することになりました。

まずは、コイル部を手巻き。一見、機械でくるくるっと巻けそうですが、この線の細さ・径の大きさのバネを機械で微調整するのは非常に困難なのです。材料の線グセを利用し、密着巻になりやすい角度を見つけ、巻きつけました。

先端の曲げ部(フック部)は、曲げツールの設定・設置も困難なため、なんと職人の指先(爪)を使って曲げ加工しています。
これも、職人の感覚次第です。早く・正確に作るには、熟練技が必要です。
立ち上がり部の曲げは、プレス加工で成形しています。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール