材質:SUS304-WPB
線径:φ0.8(引張バネ)
線径:φ1.2(トーションバネ)
線径:φ1.2(リング)

引張バネ、トーションバネ、リングの3つが組み合わさって一つの緩衝バネとなります。

脱落防止用の緩衝バネ

上部のトーションバネでホースやシャフトを固定する役割を果たし、引張バネがリングに吊るしたものでトーションバネが変形しないように、力を逃がす役割を果たしております。

脱落防止用の緩衝バネ

トーションバネでは、引張バネを引っかけるためのフック部の折り返しが特徴です。
ここまでの小ささに折り返すには自動機ではまず不可能です。
また、フック部に合わせて金型も専用に用意する必要があります。
引張バネを通した際は、ペンチ等でフック部を締め、引張バネが落ちないようにします。

脱落防止用の緩衝バネ

引張バネは、見た目の通り非常に径が小さいです。
またステンレス鋼線は、熱処理後に外径が大きくなる特徴があるため、事前に熱処理後の変化を把握しておく必要があります。

脱落防止用の緩衝バネ