ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > コイル外径が非常に小さいオイルシールの密着バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

2月の記事

コイル外径が非常に小さいオイルシールの密着バネ

材質:SUS316-WPA
線径:φ0.3
コイル外径:φ1.8
先端6巻コイル外径:φ1.4

コイル外径が非常に小さいオイルシールの密着バネです。

コイル外径が非常に小さいオイルシールの密着バネ

使用する際は雄側と雌側をくっつけることでオイルシールの役割を果たします。

コイル外径が非常に小さいオイルシールの密着バネ

材料にはステンレス鋼線(SUS316-WPA)を使用しています。ピアノ線を使用した場合、
油等の成分がオイルシールに付着し、錆びてしまうため製品としての寿命が短くなってしまいます。
そのため、耐食性の強いステンレス鋼線で対応いたしました。

また、特徴としては先端6巻のコイル外径が非常に小さいことです。

コイル外径が非常に小さいオイルシールの密着バネ

このコイル外径を100分台の公差で管理を行わなければ、はめ具合に大きな影響を与えてます。
そのため、公差の管理を徹底しなければなりません。
ですが、この公差を実現するには並大抵の技術力ではうまくいくことができません。

それはこちらの製品はコイル外径が非常に小さく、またステンレス鋼線の特性として熱処理後に
コイル外径が大きくなるため非常に厳しい条件下での作業を要するからです。

コイル外径が異なる2つのコイル部があるため、各コイル部が熱処理後にどこまでコイル外径が大きくなるのかを
あらかじめ想定した上で作業を行う必要があります。

岩津発条ではこれまで数多くのオイルシールをはじめ難加工を実現してきたため、熱処理後のコイル外径の変化等の
膨大なデータを蓄積しております。
そのため、厳しい公差を要するバネであっても、品質の高い製品をお客様にご提供することができます。

関連する逸品記事

巻きピッチ100 コイル外径(D/d)=2.73 の電線吊り金具

巻きピッチ100 コイル外径(D/d)=2.73 の電線吊り金具
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

用途

電力設備

  • 通常、ほとんどのバネメーカーは小さい内径・粗いピッチのバネを製作するために必要な機械を持っていない
  • 岩津発条では専用の装置を作成することで解決

リベットの加工を施したゼンマイバネ

リベットの加工を施したゼンマイバネ
種類

その他特殊バネ・線材

用途

玩具

  • リベットの取り付けも可能
  • 職人の手で径のズレをコントロール

アルキメデス螺旋の渦巻きバネ

アルキメデス螺旋の渦巻きバネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

  • 線材を内側に巻いて等間隔に隙間をあけるのが困難
  • 職人による新たな加工方法の考案により実現

巻き上げ機構のブレーキ用角バネ(平角線)

巻き上げ機構のブレーキ用角バネ(平角線)
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

農業・漁業設備機器

  • 自動機が不可能なため、芯金巻きにて製作
  • フック部の公差±5°を正確な熱処理の管理で実現

丸線材の渦巻型平面巻き(電気機械部品)

丸線材の渦巻型平面巻き(電気機械部品)
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

電気機械器具

  • 通常外径になるほどピッチ間隔が大きくなるところを、職人の仕上げ加工により等間隔を実現

ばね指数(D/d)が非常に小さい密着バネ

ばね指数(D/d)が非常に小さい密着バネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • D/d≒1.9 を実現
  • 自動機不可のため手加工にて対応
  • 直角にするため両端に研磨加工を実施

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール