ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

11月の記事

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

材質:SWP-B(SWRS)
線径:0.4mm
平均径:Φ40

こちらの逸品はD/d≒100かつコイル平均径の公差±0.2の難加工品です。
一見シンプルで簡単な加工に思えますが、バネ屋にとっては、実はこういうリングこそ難しいです。

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

D/dが大きすぎるため当然自動機は不可。手巻きでは、スプリングバッグによる径のばらつきを抑え公差内に収めることが至難の業となるため、熟練の職人の技術をもってしても、調節が非常に難しくコストが高くなることがネックでした。

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

なんとかコスト削減することはできないかと思い長年の経験のもと工夫と試行錯誤を重ねてみたところ、外径のばらつきを抑えながらD/d≒100、公差±0.2の要望を叶えることができました。コイリングによって巻き上げた後一巻きずつカットしていく方法で、コイルを一巻きずつ切り取る際に発生する歪みも熱処理で調整。自画自賛で大変恐縮ではありますが、もはや言葉では語れない、神業といってもいいでしょう。

余談ですが、スナップリングは使用用途によってはコイル平均径による公差管理ではなく展開長での公差管理で問題ない場合が多いため、展開長での公差管理に切り替えることでコストを削減することも可能です。(今回はコイル平均径の公差管理で問題ありませんでしたが・・・)

岩津発条では、職人による長年の経験を生かし、難加工でもコストを抑えた製作に挑戦しています。お気軽にご相談くださいませ。

関連する逸品記事

並列巻きをした異形線

並列巻きをした異形線
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

一般産業機械

  • 異形線を2本同時に並列巻き
  • 自社開発の異形線のズレを抑えるための専用のガイドを使用
  • 2本同時に巻くことで、1つの製品でトルクを2倍に

規格外のネジに合わせて加工した引張バネ

規格外のネジに合わせて加工した引張バネ
種類

引張バネ

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

工作機械

  • "丁度良い感じ"をわずか3回の試作で実現

ピンセットのような用途に使われる線材加工品

ピンセットのような用途に使われる線材加工品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

用途

その他

  • 先端の爪部分のナナメカットが左右対称
  • 手に納まるちょうど良いサイズと適切な強度を実現する線径の選定

巻き上げ機構のブレーキ用角バネ(平角線)

巻き上げ機構のブレーキ用角バネ(平角線)
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

農業・漁業設備機器

  • 自動機が不可能なため、芯金巻きにて製作
  • フック部の公差±5°を正確な熱処理の管理で実現

脱落防止用の緩衝バネ

脱落防止用の緩衝バネ
種類

引張バネ

トーションバネ

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • フック部の小さい折返しを専用の金型を用意して実現
  • 熱処理後に径が大きくなる性質を考慮し加工

ピッチが大きい異形線のコイル

ピッチが大きい異形線のコイル
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

一般産業機械

  • 岩津オリジナルの専用芯金・ワイヤーガイドを製作して、ピッチが大きい異形線のねじれや傾きを防止

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール