ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 省スペースで有効巻き数を多く得るトーションバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

12月の記事

省スペースで有効巻き数を多く得るトーションバネ

材質:SWC(SWRH)
異形線断面(台形)→上辺:4.44/下辺:3.56/幅:12

コイル状に巻いた後の材料の収縮を計算し、断面が台形の素材を使って製造しました。

逸品その一. 省スペースで有効巻き数を多く得るトーションバネ

まず材料は、上辺:4.44/下辺:3.56/幅12の台形断面にて製作しました。
四角形断面の材料は、巻き取ると“内径が膨らみ、外径は縮む”という特性があります。

そのため、コイル状に巻いた後の断面が、ほぼ長方形[4×12]になるように
材料の収縮を計算し、このような台形断面にて製作したのです。もちろん、特注です。(タークスロール四面押さえ(硬上がり))

逸品その一. 省スペースで有効巻き数を多く得るトーションバネ

実際に巻きとってみると、D/dや材料硬度(硬上がり)の影響で、材料が折れてしまいました。
そのため、一旦焼戻しをして硬さを減らし、バネ成形後に焼入れする、いう工程を踏むことになりました。

冷間加工のバネメーカーでは、滅多に焼入れをしないため、珍しい事例でした。
(通常、冷間加工のほとんどのバネで行う熱処理は、低温焼きなましです。)

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール