ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 特殊な材質を用いたバルブ用圧縮バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

12月の記事

特殊な材質を用いたバルブ用圧縮バネ

材質:SUS631J1-WPC
線径:1.3mm

こちらの逸品は、バルブの弁に使用される圧縮バネです。
お客様の要望を聞き、SUS631J1-WPCという特殊な線材を使用することを提案しました。

特殊な材質を用いたバルブ用圧縮バネ

バルブ弁用のバネといういことで、耐久テストによる寿命の指定がありました。その他、サイズや荷重、コスト等を検討した結果、SUS631J1-WPCという線材を採用しました。
この線材は、横弾性係数が一般的に用いられるSUS304-WPBより高いことで、強い荷重が得られる上、錆びにくく、へたりにくい、さらに高温でも耐えられるという優れものです。

特殊な材質を用いたバルブ用圧縮バネ

バルブ弁用バネ特有の高い精度の直角度に対応するため、熱処理時の膨張を加味しながら、バネが正しく垂直に立つのと、ピッチが均等になるよう、巻きや研磨の調整をしたのち、電気炉に入れます。
しかし、この優れた性能の素材の熱処理には「475℃で1時間」という、通常一般的な400℃までの電気炉では対応できないというバネ屋泣かせの弱点が存在します。

ですが、岩津発条では500℃まで対応可能な小型電気炉を保有していたため、こちらの線材の熱処理を自社内で対応することが可能となりました。また、小型であるという電気炉のメリットを生かして試作のスピードアップも図ることが出来ました。

ちなみにこの電気炉、量産も数千単位なら可能です。高温処理が必要な、特殊な材質を用いたバネを試作したいというお客様はお気軽にご相談くださいませ。

関連する逸品記事

不要な工程を削減することでコストを抑えた圧縮バネ

不要な工程を削減することでコストを抑えた圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

機械器具

  • 不要な工程を削減
  • 異なるピッチの管理

純チタン(硬引き線)を用いた四角いバネ

純チタン(硬引き線)を用いた四角いバネ
種類

圧縮バネ

その他特殊バネ・線材

材質

チタン

用途

輸送機器

  • 小ロットで調達可能な純チタンを提案
  • 多くの工程を必要としても総合的にコストを抑えて実現

錠剤のシューターに使用される特殊形状バネ

錠剤のシューターに使用される特殊形状バネ
種類

圧縮バネ

材質

ピアノ線

用途

生活用品

  • コイルが特殊形状のため、一巻ずつ調整するのに相当な時間がかかる
  • 熱処理前後の線材の変化も考慮した上で加工

有効巻き数0.5、かつD/dが大きい特殊コイル

有効巻き数0.5、かつD/dが大きい特殊コイル
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

その他

  • 有効巻き数が非常に小さいため高さの調節が難しい
  • D/dが大きいため外径の調節が難しい

異形線の圧縮バネ(ダイバネ)

異形線の圧縮バネ(ダイバネ)
種類

圧縮バネ

材質

ピアノ線

用途

農業・漁業設備機器

  • 平線は面が倒れてしまうため自動機での加工が不可
  • オリジナルの機械を用いて手で正確に調整

シリンダ保護カバー用のD/dが大きい圧縮コイルバネ

シリンダ保護カバー用のD/dが大きい圧縮コイルバネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • D/dが非常に大きいため、大きくなるスプリングバックを考慮して加工
  • 熱処理後のばらつきが大きく管理が困難

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール