ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > カバーを押さえる保持金具の線材曲げ加工品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

3月の記事

カバーを押さえる保持金具の線材曲げ加工品

材質:SUS304-WPB
線径:φ0.3
コイル外径:φ3.9

保持金具の線材曲げ加工品です。

カバーを押さえる保持金具の線材曲げ加工品

役割としてはカバーを上から押さえたときに、でっぱりのある3点にはめこむ仕組みとなっております。

カバーを押さえる保持金具の線材曲げ加工品

写真で見るとよくわかると思いますが、両端の曲げ以外は平面ではなく、でっぱりの1点をおさえると
両端が浮きます。これは製品を押さええた際に、でっぱり部分がしずみ保持する役割を果たすため、
このような設計となっております。

カバーを押さえる保持金具の線材曲げ加工品

こちらの製品は最初、お客様からはRの形状での設計図をいただきました。
ですが、これだけのRの径が大きいと管理が大変難しく、実現するのは厳しい形状でした。

そこで、岩津発条ではお客様の使用用途を把握した上で、4カ所を直線部にすることを
提案いたしました。そうすることで、径の管理と加工がしやく、作業効率もあがり、コストも下がります。
また、Rが大きいと熱処理後の形状の管理が難しいですが、こちらの製品のようなに直線部を
つくることで熱処理後の形状も把握がしやすくなります。
お客様にも大変満足いただき、ご要望に沿った製品をご提供することができました。

関連する逸品記事

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル
種類

圧縮バネ

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • D/dが大きいため、専用の芯金を作成し、職人の手により外径コントロール
  • 研磨により自由高さの指定をクリア
  • 研磨と熱処理の両方の影響を考慮して加工
  • 有効巻き数が小さいため荷重管理が困難

ピッチが大きい異形線のコイル

ピッチが大きい異形線のコイル
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

一般産業機械

  • 岩津オリジナルの専用芯金・ワイヤーガイドを製作して、ピッチが大きい異形線のねじれや傾きを防止

複雑な曲げが多数あるトーションバネのクリップ

複雑な曲げが多数あるトーションバネのクリップ
種類

トーションバネ

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

生活用品

  • お客様のアイデアを忠実に実現

M6ナットをはめるテーパー状密着圧縮バネ

M6ナットをはめるテーパー状密着圧縮バネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

機械器具

  • 密着バネとテーパー状の圧縮バネを一気に巻いて製作
  • ナットがぴったりはまるという公差要望をヒアリングを重ねて実現

密着バネを芯にした運搬装置

密着バネを芯にした運搬装置
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • 一本のバネを溶接なしで曲げて加工
  • 密着バネの線径に対してコイル径が小さいため手加工にて対応
  • 密着バネを芯金にする際、たわまないよう巻くのが困難

両端が尖頭(針)状の漁具(ベンダー加工)

両端が尖頭(針)状の漁具(ベンダー加工)
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

農業・漁業設備機器

  • 加工中に針が吹き飛ばないよう、安全装置を開発
  • 設計して製作

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール