ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > ピンを保持する線材曲げ加工品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

7月の記事

ピンを保持する線材曲げ加工品

材質:SUS304-WPB
線径:φ0.4

ピンを保持するための線材曲げ加工品です。

ピンを保持する線材曲げ加工品

お客様と何度も試作を製作して、検討を重ねた末の製品となっています。
試作を何点かピックアップをして、ご紹介いたします。③が最終的な製品です。

ピンを保持する線材曲げ加工品

①は2点しか保持する箇所がなく、加工した結果、保持力が弱いことがわかりました。
①の結果を踏まえて②を製作しました。今度は保持する点が3点となり保持力は①に比べ上がりました。

ですが、ピンの出し入れを繰り返し行うと製品がへたり、ピンを保持する力が次第に弱くなる現象が見受けられました。
そのため、③のように丸い形状の製品に加工いたしました。

丸い形状はピンを全体で保持する力を与えるため、安定性が抜群でありへたりにくさも実現しました。

ピンを保持する線材曲げ加工品

①、②と③の違いは加工方法にもあります。

①、②に関しては、線材曲げ加工のためフォーミング加工となります。
そのため曲げのためにツールが必要になるなど作業工数が多くなります。
一方、③はコイリングで加工をしたため、ツールなどは必要なく、巻きつける作業のみで事足ります。
結果、①、②に比べ、③はコストダウンにも繋がった製品となりました。

①、②に関してはお客様がお持ちした設計図をもとに加工いたしました。
③に関しては岩津発条が上記内容を踏まえてご提案した設計です。

難加工ができる岩津発条だけではなく、今回のように設計のアドバイス等も含めてご提案できることが
岩津発条の強みでもあります。

関連する逸品記事

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

用途

機械器具

  • 径がずれやすい端部分において、公差100分の数ミリ単位を実現

Φ0.3の銅線を手巻きで1m巻いた逸品

Φ0.3の銅線を手巻きで1m巻いた逸品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

健康機器

  • 細くて柔らかい非常にコントロールしづらい銅線を、全長1mもの間、半自動機で巻き取り+手作業で微調整し続けた集中力の賜物

偏心的なプレス加工をしたステンレス鋼線

偏心的なプレス加工をしたステンレス鋼線
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

機械器具

  • 強度の低い線材の提案。
  • 従来のプレス方法を変更して材料の破断を回避

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

その他

  • 線径に対してコイル平均径が非常に大きいため自動機での加工は不可
  • コイリングで巻き上げ後、熱処理後の歪みも考慮した上で試行錯誤を重ね、±0.2の厳しい公差の要望を実現

コイル外径(D/d)=1.25の電気抵抗器用スパイラル

コイル外径(D/d)=1.25の電気抵抗器用スパイラル
種類

その他特殊バネ・線材

材質

リン青銅

用途

電気機械器具

  • 材料が柔らかい、D/dが小さい、巻ピッチが粗いことから自動機での加工は不可
  • 巻ピッチの粗さを、巻き取り後に両端を引っ張る加工で解決

巻きピッチが非常に大きいコイル

巻きピッチが非常に大きいコイル
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

その他

  • 巻きピッチが大きいことでコイル材の癖が影響する難易度の高い加工を実現

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール