材質:C-2700W(黄銅線)
線径:φ0.5
外径:φ40.0

こちらの逸品は雑貨品に使用される製品です。

黄銅線を使用した雑貨品

外観が重視されるため、黄銅線(真鍮)を使用しました。
黄銅線は非常に柔らかくコイリングがしくいため、自動機ではなく芯金で1つ1つ巻きました
自動機ではコイリングした際にツールが材質の表面を削っていくため、
メッキ処理をした際に色がくすむ原因となります。そのため外観を重視される製品には不向きです。
手加工で一つ一つ巻いていくことで、メッキ処理後も綺麗な外観を保持することができます。

黄銅線を使用した雑貨品

もう一つの特徴としては、ピッチ間隔が等しいことです。
言葉では簡単に聞こえがちですが、職人の技術力・経験値が高くなければ実現はできません。

黄銅線を使用した雑貨品

実際には材質、形状、長さなど各種バネに合わせて旋盤の回転を捉えながら加工する必要があります。
これらの知識・経験・技術がなければバネを巻きつけること自体が困難です。
岩津発条では難加工での知識・技術・経験を長年培っているため実現できました。