ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

8月の記事

自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

岩津発条製作所は自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネの製作を得意としています。
特に、線径が太いバネ/コイル径が大きいバネ/ピッチ間隔が広いバネのような、自動機では製作できない「大きなバネ」を、ご希望の寸法公差通りに仕上げます。

自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

上記のようなバネは芯金に巻きつけて製作するのですが、巻いた後にスプリングバックが発生し、寸法にずれが生じます。
(特に、手巻きの場合は、より大きなずれが生じやすいです。)
そのため、仕上げに寸法調整(芯取り)を行います。

線径が細くて柔らかいバネなら両端を手で引っ張り、簡単に寸法調整できますが、線径が太くて硬いバネの場合は
力不足のため、治具を使う必要があります。
その際活躍する治具が、岩津発条が独自に製作した「平箸」です。

自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

平箸をピッチ間に挟み握ると、ハサミ部分が開き、ピッチが広がります。

自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

適度なピッチ間隔に広げる作業を各ピッチ箇所で行い、全体の寸法を調整します。
単純な作業ですが、適度な寸法を出す力加減は、長年経験を積んだ職人にしかわかりませんし、
数が多くなるほど根気のいる作業です。
岩津発条では、5000個程度のロット数でもお引き受けします。
また、大小様々なサイズの平箸を揃えておりますので、各種サイズに対応可能です。

自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

また、直角度を出すには、直角を確認する道具「スコヤー」(直角器)を使い、圧縮バネの側面がスコヤーの縦にピッタリ揃うように、平箸でピッチ間隔を調整して仕上げます。
小物バネ・精密バネの直角度を出す場合は、投影機での検査も行います。

自由長や直角度の公差が厳しい圧縮バネ

余談ですが、「スコヤー」を使って行う加工は昔ながら加工方法なのですが、今では自動機を使っての加工が主流となり、このような治具をつくれる/使えるバネメーカーが少なくなっています。昔ながらの技術が衰退していくのは、残念なことです。

関連する逸品記事

二重らせんの圧縮バネ(試作)

二重らせんの圧縮バネ(試作)
種類

圧縮バネ

材質

ピアノ線

用途

その他

  • 加工方法を工夫して二重らせんを実現

R形状の圧縮バネ(ケーブル・ホース類のガイドスプリング)

R形状の圧縮バネ(ケーブル・ホース類のガイドスプリング)
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

電力設備

  • バネ全体のR形状を、R外径側を1巻ずつ広げることで実現
  • 3種類の加工方法を試し、最適な方法で加工

コイル外径(D/d)が大きく、且つ、精度要求の厳しい圧縮バネ

コイル外径(D/d)が大きく、且つ、精度要求の厳しい圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

機械器具

  • 通常では不可能な条件を、職人の手による緻密な芯取りで実現

シリンダ保護カバー用のD/dが大きい圧縮コイルバネ

シリンダ保護カバー用のD/dが大きい圧縮コイルバネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • D/dが非常に大きいため、大きくなるスプリングバックを考慮して加工
  • 熱処理後のばらつきが大きく管理が困難

円形フック付き、片側座面のみ研削(研磨)したバネ(トムソン型打ち抜き用)

円形フック付き、片側座面のみ研削(研磨)したバネ(トムソン型打ち抜き用)
種類

圧縮バネ

材質

ピアノ線

用途

工作機械

  • フック部分を涙型ではなく円形に成形
  • 片側の座面のみ研磨

コイル外径の変化、且つ、外径が非常に小さい圧縮バネ

コイル外径の変化、且つ、外径が非常に小さい圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

電気機械器具

  • コイル外径が非常に小さいため自動機での加工は不可
  • スプリングバックと熱処理後に径が大きくなる特性を事前に考慮し加工
  • 専用の芯金を2種類用意

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール