ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 純チタン2種(HR材)の横弾性係数を算出しました

12月の記事

純チタン2種(HR材)の横弾性係数を算出しました

逸品No:i_20201230

材質:純チタン2種(HR材)
線径:1.6mm

  • ・バネ用チタン合金(DAT51)との比較検討がしやすくなりました
純チタン2種(HR材)の横弾性係数を算出しました

こちらの逸品は、純チタン2種(HR材)のコイルです。

純チタン2種(HR材)の横弾性係数は約24000~25000N/mm2です

最近、チタンのお問い合わせが多いため純チタン2種(HR材)の横弾性係数を調べました。

比較材料として
バネ用チタン合金(DAT51)は30400N/mm2(熱処理前の参考値)ですので、
純チタン2種(HR材)はバネ用チタン合金(DAT51)と比較して約8割ほどの横弾性係数を持つといえます。

純チタン2種(HR材)のメリットは材料の安さ。このことから、バネ用チタン合金(DAT51)の代わりに試作に使えるので、開発コストを大きく削減することが出来ます。もちろん、性能的に問題なければ純チタン2種(HR材)を採用することも可能です。

余談かもしれませんが・・・ついでに一般的なバネ用鋼材の横弾性係数をいくつか紹介します。
硬鋼線・・・78500N/mm2
ピアノ線・・・78500N/mm2 
SUS304-WPB・・・68500N/mm2

岩津発条では、要求に応じた試作を行い、ご提案させていただきます。関するご相談はお気軽に!

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール