ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 二重らせんの圧縮バネ(試作)

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

11月の記事

二重らせんの圧縮バネ(試作)

材質:SWP-B(SWRS)
線径:1.4mm
コイル平均径:11mm
D/d≒8

・加工方法を工夫して二重らせんを実現

二重らせんの圧縮バネ(試作)

こちらの逸品は、特殊な加工方法を用いて二重らせんのバネの製作を実現いたしました。

芯金に溝を作るというアイデア力と職人の勘が発揮された逸品

通常芯金巻きで加工する際は、線材の一端を芯金に固定して、コイリング機を自動回転させることで芯金に線材を巻き付けています。ピッチ間隔の調整は線材を送る装置と専用のツールを使ってコントロールします。

一方、この逸品に関しては、芯金の内側に溝を作って線材の中心を固定させ、線材の両端を職人が手で持った状態で、芯金を固定させた回転物を手動回転させています。ピッチ間隔は職人の勘でコントロールして製作しているという、まさに岩津発条の職人にしかできない技と発想で目的の設計を実現することができました。

芯金に溝を作るというアイデア力と職人の勘が発揮された逸品

量産となると専用の機械が必要にはなりますが、このような二重らせんの設計にすると、同じピッチで1重のバネに比べて4倍の力を持たせることができます。(有効巻き数が1重のときの1/2となったバネが同じスペースに2つあるため)省スペースで高荷重を得たいという設計の方はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

岩津発条では常識にとらわれない柔軟な発想で数々のバネを製作してきました。設計の早い段階からの相談も歓迎していますのでぜひお気軽にご相談ください!

関連する逸品記事

R形状の圧縮バネ(ケーブル・ホース類のガイドスプリング)

R形状の圧縮バネ(ケーブル・ホース類のガイドスプリング)
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

電力設備

  • バネ全体のR形状を、R外径側を1巻ずつ広げることで実現
  • 3種類の加工方法を試し、最適な方法で加工

コイル外径(D/d)の大きな円錐バネ(テーパーバネ)

コイル外径(D/d)の大きな円錐バネ(テーパーバネ)
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

電気機械器具

  • コイル外径が大きいため調節が難しい
  • 大径側の先端を内側に巻き込んでストッパーに
  • 全圧縮時に平坦になるよう設計

コイル外径(D/d)が大きく、且つ、精度要求の厳しい圧縮バネ

コイル外径(D/d)が大きく、且つ、精度要求の厳しい圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

機械器具

  • 通常では不可能な条件を、職人の手による緻密な芯取りで実現

黄銅線を使用した雑貨品

黄銅線を使用した雑貨品
種類

圧縮バネ

材質

用途

生活用品

  • 柔らかく、また外観を傷つける可能性があるため自動機不可
  • 1つ1つ芯金で巻いて製作
  • 等しいピッチ間隔

コイル外径の変化、且つ、外径が非常に小さい圧縮バネ

コイル外径の変化、且つ、外径が非常に小さい圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

電気機械器具

  • コイル外径が非常に小さいため自動機での加工は不可
  • スプリングバックと熱処理後に径が大きくなる特性を事前に考慮し加工
  • 専用の芯金を2種類用意

特殊な材質を用いたバルブ用圧縮バネ

特殊な材質を用いたバルブ用圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • 特殊素材を提案
  • それに伴って400℃以上の熱処理が必要だが、500℃まで対応可能な小型電気炉で対応可能

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール