ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > ネジのゆるみ止め(スナップリング)の加工バリエーション

10月の記事

ネジのゆるみ止め(スナップリング)の加工バリエーション

逸品No:i_20201020

A:異形線(角線)
材質:SWC(SWRH)
線径:2.6mm×1.8mm(角材)

B:丸線
材質:SUS-304WPB
線径:2.3mm

  • ・線材の形状によってメリット/デメリットがあります。
斜め二重丸フックの引っ張りバネ

こちらは、ネジのゆるみ止めの線材加工品です。スナップリングと呼ばれることもあります。様々な仕様のものがありますが、主に異形線(角線)か丸線かという線材の形状によって大きくメリット・デメリットが存在しますのでご紹介いたします。

高価だが省スペースで力を得られるA:異形線(角線)、スペースさえ確保できれば安価に力を得られるB:丸線

ジョイント部分の設計にフックを採用

これまで岩津発条で作成してきた中で多いのはこのAのパターンです。縦方向のスペースが限られているのか、平たい角線材を用いた仕様になっており、同じ高さで設置すると仮定した丸線に比べて多くの力を得ることが出来ます。ただし、こういった角線材等の異形線は材料は一般流通しておらず、全てオーダーメイドで手配する必要があり、その分割高になってしまいます。纏めると、高価だが省スペースで力を得られるのが異形線のパターンです。
Bの丸線のパターンですが、丸線は様々なものが一般流通しているため、材料費は安くつきます。丸線ですので、異形線のように縦方向のコンパクトさと同等の力は得られませんが、逆に言えば、スペースさえ確保できれば安価に力を得られるということになります。
どちらが正しいということはなく、あくまでケースバイケースですが、スペースに余裕があるのでしたら、まず丸線から仕様検討を始めたほうが余計なコストをかけなくて済むので、おすすめです。

岩津発条では、加工技術を設計技術にフィードバックし、常により良い設計のパターンをご提案できるように心がけています。設計や難加工に関するご相談はぜひお任せください!

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール