ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > オートバイの部品に使用されるコードフックの線材曲げ加工品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

3月の記事

オートバイの部品に使用されるコードフックの線材曲げ加工品

材質:SWP-B(SWRS)
線径:φ2.9

こちらはオートバイの部品に使用されるコードフックの線材曲げ加工品です。

オートバイの部品に使用されるコードフックの線材曲げ加工品

上の2つのフックにコードをとおし、フックに挟まれた大きい円形の部分には一番大きなコードを
挟み、その下にも通すといった製品となっております。
見た目からお分かりいただけるかもしれませんが、自動機では不可能な加工です。

特徴として、まずはこちらの2つのフック部です。

オートバイの部品に使用されるコードフックの線材曲げ加工品

通常、外径は線径の5倍であれば曲げやすいとされていますが、こちらのフックは
外径がφ11.2と約4倍ほどしかないため、非常に曲げが難しいです。まず自動機では不可能です。
岩津発条では何度もこういった曲げにくい難加工とされる線材曲げ加工品を製作した
実績をもちノウハウを培ってきたため、対応することが可能です。

もう一つの特徴としては、このクロスしている箇所です。

オートバイの部品に使用されるコードフックの線材曲げ加工品

加工の始めとして、両端のフック部から加工し折りたたむように線材の両端を曲げます。
その際に、熱処理後の形状の変化を考慮して曲げなければうまくいきません。
熟練の職人がいなければ、まず曲げることは難しいといえる逸品です。

岩津発条ではこのようなケースを数多く実績として出しております。そのため、膨大な熱処理後の
形状変化のデータをもつため、精度の高い製品をお客様にご提供することができます。

関連する逸品記事

軟銅線を使用した線径が極端に小さい線材曲げ加工品

軟銅線を使用した線径が極端に小さい線材曲げ加工品
種類

線材曲げ加工品

材質

用途

電気機械器具

  • 材質が柔らかい、コイルの巻に対して直角に曲げるため職人による手加工が必要

片面が面取りされた線材加工品

片面が面取りされた線材加工品
種類

線材曲げ加工品

材質

ステンレス鋼線

用途

機械器具

  • 片面を面取りしているため自動機は不可
  • 材質を工夫することで1回の工程で加工

3種類の異なるバネを加工~組み立てまで行った逸品

3種類の異なるバネを加工~組み立てまで行った逸品
種類

引張バネ

トーションバネ

線材曲げ加工品

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • トーションバネ、引張バネ、リングを組み合わせたバネ
  • 組み立て易さを熟知しているため素早い加工が可能

Rが非常に小さく、密着箇所が2つある線材曲げ加工品

Rが非常に小さく、密着箇所が2つある線材曲げ加工品
種類

線材曲げ加工品

材質

硬鋼線

用途

輸送機器

  • 2箇所の密着難加工部分が存在
  • 小さすぎるRの曲げを実現

自転車の荷台に利用される線材曲げ加工品

自転車の荷台に利用される線材曲げ加工品
種類

線材曲げ加工品

材質

ステンレス鋼線

用途

生活用品

  • 大きなRの管理が難しい
  • スプリングバックを考慮して、Rの角度をコントロール

自動機の設定を工夫して効率的に量産した金メッキ処理の照明部品

自動機の設定を工夫して効率的に量産した金メッキ処理の照明部品
種類

線材曲げ加工品

材質

硬鋼線

用途

電気機械器具

  • スプリングバックを考慮して自動機の設定をあらかじめ調整

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール