材質:SWC(SWRH)
線径:0.6mm
表面処理:純金メッキ

  • 自動機だけで量産できるよう加工方法を提案
量産を考慮して加工方法を提案した照明器具の線材曲げ加工品

こちらの逸品は照明器具に使われる部品で、コイル終わりの先端の直線部分に提案のポイントがあります。

端に直線部を残すことで手加工が不要になり、完全自動機生産が可能に

両端にねじ切り加工が施されたドリンクホルダー用部品

写真を見ていただくと、コイル終わりの先端が円に沿わずに直線部が残った状態になっていることがお分かりいただけるかと思います。なぜこのような一見中途半端な形で加工を終えているかというと、自動機では円に沿わせてカットするということが、ツールの入る隙間がない関係で不可能であり、あえて端の直線部を残すことで自動機だけで生産可能にして量産に繋げたいという意図があったからです。

もちろん円に沿わせることは手加工を加えれば可能ですが、お客様と相談の上、自動機だけで完結させることを優先すると直線部を残すこととなりました。

目的や予算に応じて最適な加工方法を提案します

量産を考慮して加工方法を提案した照明器具の線材曲げ加工品

今回は直線部を残すという方法に落ち着きましたが、人の手に触れて危ない、などの理由で円から直線部分を出すのは望ましくないという場合は、内側へ曲げるという処理も自動機だけで製作可能です。

岩津発条では、ただ図面通りに製作するのではなく、目的や予算に応じて最適な加工方法を提案することで要望に応えます。ぜひお問い合わせください!