ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 芯金の材質を工夫して小さすぎるD/dに対応した逸品(左)と自動機で一発成形した逸品(右)

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

7月の記事

芯金の材質を工夫して小さすぎるD/dに対応した逸品(左)と自動機で一発成形した逸品(右)

材質:β-チタン
線径(左):0.8mm
内径(左):1.0mm
D/d(左):1.25

線径(右):0.9mm

・(左)芯金に特殊鋼を利用することで細い芯金でも負荷に耐えうるように工夫
・(右)複雑形状を自動機で一発成形

芯金の材質を工夫して小さすぎるD/dに対応した逸品(左)と自動機で一発成形した逸品(右)

左:芯金の材質を工夫して小さすぎるD/dに対応した逸品

芯金の材質を工夫して小さすぎるD/dに対応した逸品

こちらの逸品は内径=1.0mm、線径=0.8mmとほとんど差がありません。一般的にはD/dが4~22の範囲でないと加工が難しいと言われている中、D/d≒1.25と非常に条件が厳しい難加工品です。

芯金の材質を工夫して小さすぎるD/dに対応した逸品

この逸品の難加工たる所以は、D/dが小さいと巻く際に大きな力を加えなければならないにもかかわらず、内径が小さいため1.0mmより細い芯金を使用する必要がある点です。 通常の材質の芯金を使用すると負荷に耐え切れずポキっと折れてしまいます。

そこで、岩津発条では芯金の材質に特殊鋼を使用することで対応しました。特殊鋼は高価なため、量産の場合に適切です。量産していく中で芯金が摩擦で擦り切れて径が変わってしまうことを防ぐため、一定の間隔で芯金のチェック・点検・交換を行うことも欠かしません。

今まで一般的に加工可能と言われているD/dの範囲外のバネを多数加工してきたことから、こういったノウハウは多数ございます。D/dが小さすぎるなどと他社に断わられた方はまず一度ご相談ください!

右:自動機で一発成形した逸品

こちらの逸品は密着部分が存在するにもかかわらず自動機で一発成形を可能にしました。

自動機で一発成形した逸品

自動機で一発成形した逸品

自動機は基本的に一筆書きの要領で加工するため、密着部分の加工が不可能です。しかし、自動機を改良して、上図のように線材を巻き終わった後に芯金を抜いて根元を両端から突いて密着させることで実現しました。

岩津発条では、自動機を元々の機能のまま使用するのではなく自社で改良を加えることを得意としています。
(岩津自慢の設備・治具の紹介ページはこちら

今回の逸品のように、一見手加工が必要なものでも工夫次第で自動機で一発成形可能な場合もあり、コストを抑えることができますので、ぜひご相談ください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール