ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 純チタン(硬引き線)を用いた四角いバネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

1月の記事

純チタン(硬引き線)を用いた四角いバネ

材質:純チタン(硬引き線)
線径:1.8mm
外径(長辺):28mm
外径(短辺):9mm
総巻き数:6

こちらの逸品は、純チタンを用いていること、四角という特殊な形状をしていることが特徴です。

純チタン(硬引き線)を用いた四角いバネ

当初、お客様からはステンレスの材質を指定されていましたが、設計図をもとに相談の上、軽く(※)、強く、錆びないチタンを提案させていただきました。チタンはチタンでも、一般的なバネ用チタン合金ではなく、純チタンです。医療機器や宇宙工学に関係するバネの場合、こういったチタンの特性が活躍します。

純チタン(硬引き線)を用いた四角いバネ

このバネは限られたスペースで最大の荷重を得るため、四角という特殊な形状をしています。線材加工の場合は自動機での加工が可能の場合がありますが、今回のようなバネの場合、自動機での加工はできません。

まず一度バネ用チタン合金の横弾性係数を割り出してから、純チタンと比較し、純チタンの場合の最適な形状やピッチを決定。さらに、熱処理後の形状も正確に予測することが難しいため、一度熱処理した後、四隅のRの角度等に微調整を加えて再度熱処理をするという非常に多くの工程を必要とする逸品となっています。

それほど手間がかかる材質を提案するのはなぜかというと、バネ用チタン合金はkg単位での材料調達が必要ですが、純チタンは小ロットでの調達が可能で、コストを抑えることができるためです。

材料の調達法を工夫することで、工程が多く複雑なバネでもコストを抑えて製作することができました。他社が嫌がる複雑なバネでも、岩津発条では工夫と職人技で要望に応えます。お気軽にご相談くださいませ。

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール