ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > Rが非常に大きいワイヤーバンド

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

11月の記事

Rが非常に大きいワイヤーバンド

材質:SUS304-WPB
線径:φ2.9

介護用の毛布かけを固定するために使用される、
Rが非常に大きいワイヤーバンドです。

Rが非常に大きいワイヤーバンド

車椅子を使用する方が毛布を掛けた際、毛布がずれないようワイヤーバンドで毛布を固定し、
腰に巻くためにRが大きくなっています。

これだけRが大きいので、まず自動機での加工は不可能です。

Rが非常に大きいワイヤーバンド

また、腰に巻くものなので使用者がストレスを感じないワイヤーバンドを製作する必要があります。
そのため、腰に当たる部分のRとバネの力が働くRの部分の調整が重要です。

Rが大きいため、スプリングバックも大きくRのばらつきが発生しやすくなります。
特に巻きつけた後の戻す作業でばらつきが発生しやすく、コントロールをすることが至難の技となります。
岩津発条では、職人の熟達した加工技術、およびノウハウを持っているため、実現可能です。

Rが非常に大きいワイヤーバンド

もう一つの特徴としてこちらのワイヤーバンドのRは左右対称となっています。
まず半円を曲げ加工した後、次にひっくり返して同じ型でもう片方を加工することで、
左右対称のワイヤーバンドを実現しています。

また、2回巻きつける作業が発生するため、まさに職人しかできない逸品でした。

Rが非常に大きいワイヤーバンド

一見簡単な加工のように見られがちですが、実はバネメーカーにとっては非常に難しい加工です。

関連する逸品記事

並列巻きをした異形線

並列巻きをした異形線
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

一般産業機械

  • 異形線を2本同時に並列巻き
  • 自社開発の異形線のズレを抑えるための専用のガイドを使用
  • 2本同時に巻くことで、1つの製品でトルクを2倍に

厚板のベンダー加工

厚板のベンダー加工
種類

その他特殊バネ・線材

材質

アルミ

用途

船舶機器

  • オリジナルのベンダー加工機で価格を抑えて製作

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル
種類

圧縮バネ

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

一般産業機械

  • D/dが大きいため、専用の芯金を作成し、職人の手により外径コントロール
  • 研磨により自由高さの指定をクリア
  • 研磨と熱処理の両方の影響を考慮して加工
  • 有効巻き数が小さいため荷重管理が困難

一発成形のクランプ・アルミ六角リング

一発成形のクランプ・アルミ六角リング
種類

その他特殊バネ・線材

材質

アルミ

用途

健康機器

  • 柔らかい素材であるアルミは自動機での加工が不可
  • 専用金型製作で一発成形

規格外のネジに合わせて加工した引張バネ

規格外のネジに合わせて加工した引張バネ
種類

引張バネ

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

工作機械

  • "丁度良い感じ"をわずか3回の試作で実現

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

その他

  • 線径がφ0.2と非常に小さいため自動機での加工が不可
  • Rが3点ある楕円形
  • ひずみを生じさせないよう工夫して加工

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール