ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > ガス管に利用される銅パイプ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

7月の記事

ガス管に利用される銅パイプ

材質:銅
パイプ外径:φ10
パイプ内径:φ7
コイル外径:φ100

電気炉になって発熱する銅パイプです。

ガス管に利用される銅パイプ

決められた長さの銅パイプを、限られたスペースに収めるよう設計してほしいとのご依頼でした。
本来パイプ加工は、専業とする企業が請け負いますが、試作をするにはイニシャルコストが高くつくため、岩津発条に「なんとかしてほしい」とのお問い合わせをいただくことがあります。
岩津発条製作所では数多くの治具等を持つため、自前のもので対応することができ、パイプの加工メーカーにご依頼いただくよりも、低価格での加工を実現いたしました。

ガス管に利用される銅パイプ

まず考え浮かぶのは、ジグザグに折り返して曲げることでした。
しかしこの方法は曲げ部に負荷が掛かり、パイプがへしゃげてしまいます。
また、専用治具を要するため非常に手間とコストが掛かります。

ガス管に利用される銅パイプ

次に、巻き取りによる加工を検討しました。
コイル状に巻き取り、折り返し時点で、巻き取る向きを逆にすることを考えましたが、こちらも手間と工数がかかってしまう結論に至りました。

様々な形状を試した結果、一本に巻き上げた後に捻りを加えてご要望通りの容積に収めました。
Rを大きく保つため確実な耐久性を持ちつつも、加工が比較的容易となり、コストダウンにも繋がりました。

ガス管に利用される銅パイプ

線材やパイプの加工ノウハウとあらゆる特殊バネの製造経験が融合した逸品と言えます。
無限に広がる加工形状。前例のない加工に対して「できない」ではなく、常に挑戦してきたからこそアイデアが産まれ、お客様の課題を解決出来ると思っております。

関連する逸品記事

トイレットペーパーホルダーの骨組み用線材加工品

トイレットペーパーホルダーの骨組み用線材加工品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

生活用品

  • 厳しい寸法精度を実現
  • 溶接用の治具を別途作成して加工

巻きピッチ100 コイル外径(D/d)=2.73 の電線吊り金具

巻きピッチ100 コイル外径(D/d)=2.73 の電線吊り金具
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

用途

電力設備

  • 通常、ほとんどのバネメーカーは小さい内径・粗いピッチのバネを製作するために必要な機械を持っていない
  • 岩津発条では専用の装置を作成することで解決

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

その他

  • 線径に対してコイル平均径が非常に大きいため自動機での加工は不可
  • コイリングで巻き上げ後、熱処理後の歪みも考慮した上で試行錯誤を重ね、±0.2の厳しい公差の要望を実現

一発成型したヒューズのクリップ用板バネ

一発成型したヒューズのクリップ用板バネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

工作機械

  • 複雑形状の一発成形品
  • 大幅なコストダウンの実現

厚板のベンダー加工

厚板のベンダー加工
種類

その他特殊バネ・線材

材質

アルミ

用途

船舶機器

  • オリジナルのベンダー加工機で価格を抑えて製作

コイル外径(D/d)=1.25の電気抵抗器用スパイラル

コイル外径(D/d)=1.25の電気抵抗器用スパイラル
種類

その他特殊バネ・線材

材質

リン青銅

用途

電気機械器具

  • 材料が柔らかい、D/dが小さい、巻ピッチが粗いことから自動機での加工は不可
  • 巻ピッチの粗さを、巻き取り後に両端を引っ張る加工で解決

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール