ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

2月の記事

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

材質:SUS316-WPA
線径:φ0.2

こちらの線材加工品の特徴は、なんといっても線径がφ2.0と非常に小さいことです。

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

見た目でおわかりになるとは思いますが、線径φ2.0は自動機での加工はまず不可能です。

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

もう一つの特徴としてはRが3点もある、楕円形であることです。

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

3点のRがあるため、工夫を施さず巻きつけた場合、どうしてもひずみが生じてしまいます。
また線径が非常に小さいため、スプリングバックも大きくなります。
ひずみを調整するためには、下向きに巻きつけていく事がポイントとなります。
そうすることで、引張バネの初張力と同じように上に戻ろうとする力が働き、ひずみを調整することができます。

線径が非常に小さい、楕円形の線材加工品

言葉では簡単ですが、実際には職人の経験によって左右されることが大きく、非常に難しい線材加工です。
岩津発条では難加工を得意とし、また経験豊富な職人をもつため可能です。
また、スプリングバックも考慮した加工も必要となるため、職人の腕の見せ所となった逸品です。

完成品としては先端同士をハンダ付けした線材加工品となります。

関連する逸品記事

コイル外径(D/d)=2.66のベンダー加工

コイル外径(D/d)=2.66のベンダー加工
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

電気機械器具

  • 線径12の極太鉄線をD/d≒2.66に曲げるという至難の業
  • 岩津発条が得意とするベンダー加工で早く安く綺麗に加工

短納期への挑戦を繰り返した逸品

短納期への挑戦を繰り返した逸品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

用途

その他

  • 大量生産、納期短縮のため専用の設備を作成
  • プレス後の部材はエアーで吹き飛ばし、取り出し作業を省略

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

その他

  • 線径に対してコイル平均径が非常に大きいため自動機での加工は不可
  • コイリングで巻き上げ後、熱処理後の歪みも考慮した上で試行錯誤を重ね、±0.2の厳しい公差の要望を実現

真鍮を傷つけないよう自らの「手」だけで巻いた引張バネ

真鍮を傷つけないよう自らの「手」だけで巻いた引張バネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

真鍮

用途

電気機械器具

  • ・柔らかい真鍮を傷つけずに加工
  • ・自動機も治具も使用せず手加工にて実現

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

用途

機械器具

  • 径がずれやすい端部分において、公差100分の数ミリ単位を実現

コイル径が小さく、巻きピッチが非常に粗いワイヤーガイド

コイル径が小さく、巻きピッチが非常に粗いワイヤーガイド
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

一般産業機械

  • バネの特性を利用した小さいコイル径の実現

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール