ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 内部に⼩さい径のバネを⼊れてジョイントさせるガータースプリング

11月の記事

内部に⼩さい径のバネを⼊れてジョイントさせるガータースプリング

逸品No:i_20191120

材質:SUS304-WPB
線径:1.4mm
外径:7.0mm
D/d≒4
環内径:45mm

  • ・ジョイント部分の設計が特殊で組み立てが困難
内部に小さい径のバネを入れてジョイントさせるガータースプリング

こちらの逸品は自動機で製作できないため、職人による手作業で製作しました。ジョイント部分の設計が特殊な点と、それに伴って発生する組み立て作業が難しかった点がポイントです。

ジョイント部分の設計が特殊

ジョイント部分の設計が特殊

一般的なガータースプリングは、片方の端を数巻きだけ小さめに巻き、もう片方の端とジョイントさせることが多いですが、今回の要望は本体部分を端から端まで同じ径で巻き、本体の内径≒ジョイント部分の外径にした小さめのバネを両端に差し込むことでジョイントさせたいというものでした。

意外にも組み立てに一苦労

ジョイント部分のバネはD/d≒4と比較的難しい加工ではあるものの、岩津発条では毎度お馴染みの加工なので想定の範囲内だったのですが、意外にも組み立てに苦労しました。本体の内径≒ジョイント部分の外径と先程述べましたが、簡単に外れないように少し本体の内径よりも大きい外径のバネをジョイント部分に差し込む必要がありますが、そうすると、組み立て時にねじりながらはめる必要があり、あらかじめねじっておいてからはめこまないと完成形がねじれた状態になってしまうため、意外にも腕力とコツが必要な組み立てになりました。

岩津発条では珍しい設計の製品でも今までの経験を駆使して挑戦を続けています。ぜひ一度お問い合わせください!

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

関連する逸品記事

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング

D/d≒100、公差±0.2のスナップリング
種類

リング

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

その他

  • 線径に対してコイル平均径が非常に大きいため自動機での加工は不可
  • コイリングで巻き上げ後、熱処理後の歪みも考慮した上で試行錯誤を重ね、±0.2の厳しい公差の要望を実現

楕円形状の円錐バネ

楕円形状の円錐バネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

一般産業機械

  • 決まった寸法の中で一巻きずつ手加工で製作
  • 2度の熱処理で高品質を実現

チタン合金を使用した線材曲げ加工品

チタン合金を使用した線材曲げ加工品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

チタン

用途

生活用品

  • 線径が非常に小さいため自動機での加工が不可
  • 製品に傷を作らず加工
  • 先端部の小さいRを専用の芯金を用意し加工

連続加工できるよう工夫してコスト削減した逸品

連続加工できるよう工夫してコスト削減した逸品
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ピアノ線

用途

電気機械器具

  • ピッチと自由長のコントロール
  • 両端が連続するよう形状を工夫

柔らかな揺れを実現した玩具用バネ

柔らかな揺れを実現した玩具用バネ
種類

その他特殊バネ・線材

材質

ステンレス鋼線

用途

玩具

  • 「柔らかい揺れ」を実現するため、初張力を調整して設計

三価クロメート処理を施したトーションバー

三価クロメート処理を施したトーションバー
種類

その他特殊バネ・線材

材質

硬鋼線

用途

機械器具

  • 水平からみると十字になるよう、専用の検査治具を用いて対応
  • 精度を高めるため曲げる前に材料を圧着

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール