ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 厳しい公差をクリアした線材曲げ加工品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

1月の記事

厳しい公差をクリアした線材曲げ加工品

材質:SUS304-WPB
線径:1.5mm

  • ・リング部分の径と位置の公差が厳しい

 

厳しい公差をクリアした線材曲げ加工品

この逸品は、リングの部分に棒状のパーツが通る都合上、リングの径と位置の公差が厳しかったものの、その公差をクリアした点がポイントです。

リングの位置と径の公差が厳しい

リング部分の径と位置の公差が厳しい

画像のように、取り付け部と棒状のパーツが通る位置が固定されているため、非常に厳しい公差が求められました。自動機は機械の構造上、空中で材料をつかんで加工するため、型を使って加工するベンダー加工の方が精度が出せます。今回の要件は加工の精度が最優先だったため、ベンダー加工にて製作することで公差をクリアすることができました。

コスト削減もできて親切な、取り付け部の設計上の工夫

コスト削減もできて親切な、取り付け部の設計上の工夫

お客様による設計ではありますが、今回の製品の取り付け部の仕様が、公差の厳しさを軽減し、かつ取り付け時にも調節しやすいものだったので紹介させていただきます。

ポイントは取り付け部が正円ではなく縦長のU字になっていた点。こうすることで、前後の位置の調整に融通が利くため、私たちとしても必要以上の公差を出さずに済みましたし、お客様にとっても費用を抑えることができ、また取り付ける人にとっても調整しやすいという三方良しの良い設計だと感じました。

岩津発条では、厳しい公差の条件のものも多数製作してきました。お悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール