ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > コイル外径が非常に小さい圧縮バネ

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

6月の記事

コイル外径が非常に小さい圧縮バネ

材質:SWP-B(SWRS、ピアノ線)
線径:φ0.3
外径:φ1.95
自由長:18mm
巻きピッチ:0.6mm

作業工具の部品として使用する圧縮バネです。

コイル外径が非常に小さい圧縮バネ

写真のサイズ感からおわかりいただけるかと思いますが、
コイル外径が非常に小さいです。そのため、専用の芯金を必要としました。

コイル外径が非常に小さい圧縮バネ

こちらの圧縮バネの製作は手加工で行いました。
巻きピッチを揃えるには職人の感覚一つで加工する必要があり至難の技でした。
岩津発条では難加工を専門とし、長年培ったノウハウと技術力をもつため、
お客様のご要望に沿った逸品を製作できました。

コイル外径が非常に小さい圧縮バネ

余談ではありますが、実はこちらの製品の納期は2日間でした。
手加工でなくても自動機でも加工可能ですが、どこのバネメーカーも2日では製品を加工する自動機があいていない状況でした。
(もちろん、弊社もです。)

そのため、手加工での製作となりましたが、手加工となった場合、
難易度は一気に上がり職人なしでは到底加工することは厳しい逸品です。

ですが、岩津発条では経験豊富な職人をもつため、納期だけでなく精度の高い製品を可能としました。
お客様もあきらめ半分だったため、大変喜んでいただくことができました。

関連する逸品記事

線径・コイル外径・自由長が大きい円錐圧縮バネ

線径・コイル外径・自由長が大きい円錐圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

一般産業機械

  • 線径、コイル外径、自由長が大きいため自動機不可。
  • 芯金を使用した手加工にて製作。
  • 岩津オリジナルの専用芯金を製作

コイル外径(D/d)の大きな円錐バネ(テーパーバネ)

コイル外径(D/d)の大きな円錐バネ(テーパーバネ)
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

電気機械器具

  • コイル外径が大きいため調節が難しい
  • 大径側の先端を内側に巻き込んでストッパーに
  • 全圧縮時に平坦になるよう設計

有効巻き数0.5、かつD/dが大きい特殊コイル

有効巻き数0.5、かつD/dが大きい特殊コイル
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

その他

  • 有効巻き数が非常に小さいため高さの調節が難しい
  • D/dが大きいため外径の調節が難しい

R形状の圧縮バネ(ケーブル・ホース類のガイドスプリング)

R形状の圧縮バネ(ケーブル・ホース類のガイドスプリング)
種類

圧縮バネ

材質

硬鋼線

用途

電力設備

  • バネ全体のR形状を、R外径側を1巻ずつ広げることで実現
  • 3種類の加工方法を試し、最適な方法で加工

異形線の圧縮バネ(ダイバネ)

異形線の圧縮バネ(ダイバネ)
種類

圧縮バネ

材質

ピアノ線

用途

農業・漁業設備機器

  • 平線は面が倒れてしまうため自動機での加工が不可
  • オリジナルの機械を用いて手で正確に調整

鼓型(ボビン型)圧縮バネ

鼓型(ボビン型)圧縮バネ
種類

圧縮バネ

材質

ステンレス鋼線

用途

電気機械器具

  • 機械の空きがなかったため手巻き加工で精度の高い加工を実現
  • 座巻の成形・自由長・直角度の精度充足は、まさに職人技

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール