ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

7月の記事

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

材質:SWC(SWRH)
線径:φ0.4
コイル外径(大):3.0
コイル外径(小):2.4
総巻数:780

オイルシール用の密着巻きバネです。

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

片側約8巻を外径2.4mmで巻き、反対側に捻り込み、円形にして使います。
樹脂・ゴムでは劣化が激しいと想定される場所などに、バネ鋼のものが採用されます。

この製品のポイントは、両端がぴったりとはまることです。
(当然ですが、隙間が出来たり、はまらないなんてことになると、使い物にならないので。)

ぴったりはまるために、公差を100分の1単位にとどめなければなりません。
そのためには、スプリングバックの量の見積りが重要になります。
特にバネの両端は径がずれやすい部分なので、巻き終えた後にどれくらいのスプリングバックが
発生するのかを正確に見積り、加工するのは、バネ屋の腕の見せ所です。

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

また、捻じり込む際のポイントとしては、前もって捻じり込み回転数(巻数)分反対に捻じっておくことです。
そうすることで、捻じり込み後、円形がひずまずオイルシール状にすることができます。

公差100分の数ミリ単位、高精度なバネ(オイルシール用密着巻きバネ)

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール