ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 直線材の調達方法でコスト削減を提案した逸品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

6月の記事

直線材の調達方法でコスト削減を提案した逸品

材質:SUS304-W1(SUS304-W2)
線径:5.5mm

・直線材を調達する方法をお客様と相談してコスト削減を提案

直線材の調達方法でコスト削減を提案した逸品

こちらの逸品は、直線部分の長さのバリエーションが数種類ある製品で、材料の調達方法をお客様と相談することでコスト削減に繋げた線材曲げ加工品です。

直線材を調達する際の2つの方法をお客様に提案いたしました

まず前提として、今回の逸品の場合、材質が特殊なため直線材は加工業者に依頼して調達するところから始めなければなりません。 その直線材を調達する方法として「種類ごとに異なる長さの材料を調達する方法」と、「同じ長さの材料を調達し、加工時にカットする方法」の2種類方法があります。

お客様の製造計画にもよりますので、どちらがコスト削減に繋がるかを相談させていただきました。

直線材の調達方法でコスト削減を提案した逸品

「種類ごとに異なる長さの材料を調達する方法」は、加工時にカットする必要はないものの、直線材の調達にかかる費用は加工回数が多くなる分高くついてしまいます。一方、「同じ長さの材料を調達し、加工時にカットする方法」については、加工回数が1回で済むため、直線材の調達にかかる費用を抑えることが可能ですが、材料ロスが出てしまいます。

あらゆる条件から、今回のケースはパターンBの方が低コストとなりました

今回のお客様の場合は、材料ロスを考えてもコストメリットが出たため後者を採用することになりました。製造量やバリエーションの幅の広さによっては、材料ロスによるデメリットの方が大きくなってしまうケースもありますので、お客様と相談させていただきながら決定いたしました。

加工の要求事項だけでなく、密に情報共有いただけたことで提案の幅が広がりました

実際、バネ屋だけの知識であれば「種類ごとに異なる長さの材料を調達する方法」と、「同じ長さの材料を調達し、加工時にカットする方法」があるということまではわかりますが、この知識だけでは判断基準となる要素がわからないためコスト比較もできず、何の提案をすることもできなかったでしょう。
しかし今回のケースでは、お客様の製造計画をはじめあらゆる情報を共有していただいたことによって、どちらがコスト削減に繋がるかを細かく計算し、メリットのある方を選べたということに繋がりました。

岩津発条では材料調達の方法の部分からコスト削減の提案をすることも可能です。ぜひご相談ください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール