ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > 材質を工夫して隙間1mmの曲げを少ない工程で製作した逸品

難加工を知り尽くした弊社にご相談ください。

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

1月の記事

材質を工夫して隙間1mmの曲げを少ない工程で製作した逸品

材質:SUS304-W1
線径:5.5mm

・スプリングバックの少ない材質を採用して工程を削減
・材質が傷つかないよう治具を工夫

材質を工夫して隙間1mmの曲げを少ない工程で製作した逸品

材質の選定を工夫して加工工程を削減

この逸品は材質を工夫することで少ない工程で製作することができました。
採用したのはSUS304-W1。バネによく使われるSUS304-WPBやW2に比べて柔らかいことが特徴です。

この逸品のポイントは、フックの先端の隙間が1mmと狭いところです。

材質を工夫して隙間1mmの曲げを少ない工程で製作した逸品

この「隙間1mm」に調整するという点において、通常のバネ用材料として一般的なSUS304-WPBやW2を利用するとフック形状に線材を曲げた後、スプリングバックよって隙間が1mmよりはるかに大きくなるため、調整が必要になります。
例えば、①隙間を縮めるか、②巻き終わりを長めにとり、先端カットとひずみ取りを同時に行うといった調整になります。

材質を工夫して隙間1mmの曲げを少ない工程で製作した逸品

ところが加工コストを考えると現実的ではないため、どうにか工程を削減できないかと考えていたところ、SUS304-W1を使うという結論に至りました。微妙な力加減などは検証した上ですが、SUS304-W1を採用すれば一度先端が付くまで曲げた後、目的の1mm程度スプリングバックするため、SUS304-WPBやW2に比べて少ない工程で製作することが可能となりました。

SUS304-W1の引っ張り強さ(TS値)は公表されていないため、自社で検証することで導き出しました。あまり使われない材質であっても本その材質の特性を検証するところから製作することが可能です。

材質を工夫して隙間1mmの曲げを少ない工程で製作した逸品

材質が傷つかないよう治具を工夫

SUS304-W1は非常に柔らかいため、傷がつきやすいです。そのため、表面を傷つけないような治具を自社で製作することで対応しました。

引っ張り強さ(TS値)がわからない材質であったとしても、自社で数値を算出することが可能であり、さらに治具まで自社で作れる岩津発条だからこそ、コスト削減の工夫を行うことが可能です。お気軽にご相談ください!

関連する逸品記事

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール