ばね事例
検索
ばねづくりのお悩みご相談室
ばねづくりのお悩みご相談室

「特殊ばね」はどういった特徴がありますか?

「特殊」というと人によって前提や状況が違うと思うので一概にカチッと定義するのが難しいとは思いますが、ばねのJIS規格が推奨している基準をもとにあくまで経験則でいきますと、「自動機で成形できない」ばねを特殊と呼ばせていただいております。

自動機もこれまたいろいろあるのですが、よくある条件はD/d(ばね指数)が4~22の範囲で、線径は●●で、縦横比が0.8~4、有効巻き数3以上、ピッチが0.5D以内、というような条件だと思います。また、自動機では多少のばらつきがどうしても出てしまいますので、そこをどこまで許すかによって自動機が使える場合とそうでない場合に分かれてきます。
あとは、そもそもばねの形状が「普通のばねではない」という場合でしょうか。これは見た目でわかりやすいのでイメージしやすいと思いますが、例えばこのような、明らかに形が変わったばねは特殊とお考えいただいて良いです。

こちらのページをご覧いただくと、岩津発条がいままで製作してきた特殊ばねをご覧いただけますので、何かのご参考にしていただければ幸いです。

ばねのことなら設計から試作まで
お気軽にご相談を!