長巻バネ製作レポート

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 長巻バネ製作レポート

バネってどこまで伸びる?!こんなに長ーく伸びました。

どこまで伸びるか実験!

設計上、10m以上は伸びる試算でしたが、実際に伸びるのか?やってみました。結果は、右の通りです。
伸ばしすぎると切れそうだったため、余力を残しましたが、それでもざっと見積もって、10m以上あることは一目瞭然。圧巻でした。

製作者の声

これだけ長いバネをつくるには、コイル外径・ピッチ・自由長の管理が肝になります。なので、バネが出来上がるまで、一歩も現場を離れられません。さばいて、送って、さばいて、送って、、、集中力あるのみです。材料によっては、失敗できない額のものもありますからね。

どこまで伸びるか実験!

長ーく伸ばしても・・・ちゃんと元に戻るんです。

長いのになんで元に戻るの?

  • D/dが大きく
  • ピッチが細かく
  • 巻数が多いこと

あとは管理された熱処理くらいですが、元々ヘタりにくいバネなのです。とはいっても、誰でも簡単に作れるわけではなく、「設計」が重要なポイントなのです。長巻きバネに限ったことではありませんが、設計次第で出来栄えに雲泥の差がでますから。

長ーいバネですが、職人技が光る!均等のピッチ間隔。

長ーいバネですが、職人技が光る!均等のピッチ間隔。

製作者の声

等間隔に仕上げるには、材料の送り量のコントロール、自重を逃がす工夫、ピッチ開けツールのタイミングのコントロールなど、様々な点に注意を払い、管理しなければなりません。特に大事なのが、自重を逃がす工夫。これだけ長いと、バネ自体の自重が影響してコイル外径がバラつくため、弊社では2本のパイプとローラーで「受け」を設置し、まわりやすくし、自重の影響を逃がしました。

長ーいバネの製作現場をのぞき見!

このようにして、見たことのない長いバネができあがったのです。
製作過程にはいろんな壁にぶつかりました。
が、職人の熱き思いがこのバネを実現させたのです!!

特殊バネを製作する上で大切なこと

どんなに難しい加工でも、良い品物を作るには、材料の選定から熱処理・表面処理まで、一貫してお客様の用途・要求に沿うよう心がけることが大切。
しかし、バネメーカーとしての意見は必ず提言します。一緒にものづくりをしているという「相互理解」が重要だからです。

製作に当たっては、金型・治具のツーリングのデザイン力がコストパフォーマンスに関わることも確かだけれど、最も物を言うのはやはり「経験(値)(量)」であることは言うまでもありません。しかし、製作者の最重要資質は、使う人の立場に立って物作りに取り組む姿勢です。
この姿勢が、技を磨く礎になったと感じています。

特殊バネを製作する上で大切なこと
長巻バネのお問い合わせはこちら

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール