ばね製作記 逸品

ばね・バネの岩津発条製作所 ホーム > 逸品記事一覧 > D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

東大阪から発信する、特殊ばね製作や、フォーミング加工の日々・・・。

岩津発条の自慢は、創業から培ってきた『職人技』です。
機械による自動化が進んでも、弊社は“製造業”を営む者として、“技術”にこだわってきました。 そんな自慢の技術を、是非とも皆さまにご覧いただきたいと思います。

逸品についての製作記を定期配信でお届けします。

9月の記事

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

材質:SUS304-WPB
線径:1.8mm
コイル外径: 64mm
自由高さ:16mm
有効巻き数:1.25

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

こちらのバネは4つの難加工ポイントが存在する特殊仕様のコイルです。
見る人が見れば一目でわかる(はず)、バネ屋の技術の結晶が詰まった逸品です。

難加工ポイント1 D/dが大きい

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

逸品シリーズでもおなじみとなりますが、D/dが極端に大きい(あるいは小さい)バネは、自動機を使用すると公差が安定しないため、専用の芯金を作成し、職人の手により外径コントロールを行いました。自由高さをコントロールするため、コイルの高さを指定よりやや低めに巻き、芯取りによって高さを出すところもポイントです。しかしこれはまだ序の口です。

難加工ポイント2 座巻きの端を点で密着させる

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

密着させるだけであればよいのですが、自由高さの指定に合わせるため座巻きを研磨するする必要がありました。ステンレスという素材は研磨をすると密着しにくい性質を持っているため、バネを巻き上げた段階で材料を設計より長めに密着させておき、研磨によって密着性が弱まったところでちょうど1点で密着するように調整を行いました。

難加工ポイント3 その研磨も難しい

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

ステンレスは熱で膨張します。つまり研磨の際に発生する熱によってあらゆる精度がばらつく可能性があります。バネを巻き上げる段階であらかじめ熱による膨張も見越しておくのは当然ですが、研磨も職人の手で行うため、熱処理のように確実に一定の熱を加えられるわけではないので、かなりデリケートな作業を要しました。

難加工ポイント4 有効巻き数の指定が厳しい

D/d≒35、有効巻き数1.25の特殊コイル

有効巻き数の指定は1.25でした。しかし、バネ業界において、荷重管理が可能な有効巻き数は少なくとも3以上必要です。つまり要求される荷重に対して、あらかじめ設計を行うことが不可能なので、とりあえず作っては荷重テスト、また修正を行って荷重テスト、の繰り返しで設計を行いながら指定の値に近づけていきました。

このように職人の技術と情熱を注ぎ、お客様の要求を満たすバネをつくることが岩津発条の使命です。バネの難加工のことならお気軽にご相談くださいませ。

岩津発条製作所が特殊バネを設計・製作できる2つの理由

1.オリジナルで製作する治具・設備

岩津では、バネの仕様に合わせた製造設備のカスタマイズや、時には一から機械の設計も行い、特殊バネの製造を実現しています。

設備・治具紹介(動画配信中)

2.この道一筋の職人が在任

確かな技術を持つ、経験豊富なバネ職人が、岩津の特殊バネ製作を支えています。

技術者紹介

岩津発条の技術・設計・スキル

ばね製作記逸品
 
 
お電話・ファックスからのお問い合わせ TEL:06-6789-4857 FAX:06-6789-4867 営業時間:平日9時~18時

業務が立て込んでおり、電話に出られない場合がございます。
その場合は、お手数ですがインターネット問い合わせフォームをご利用下さい。

インターネットからのお問い合わせ インターネットお問い合わせフォーム メール